FC2ブログ











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

095 緑の午後 ★★☆☆☆ 

おいしいコーヒーのいれ方 (5) 緑の午後 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (5) 緑の午後 (集英社文庫)
(2003/06/20)
村山 由佳

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
5歳年上のいとこ、かれんと恋におちた大学生・勝利。そうとは知らず、勝利に思いをよせる星野りつ子。追いつめられた勝利は、ついに星野に「秘密の恋」をうち明ける。単身赴任していた勝利の父親も帰京し再婚、勝利の妹も誕生して、かれんとその弟の丈そして勝利の3人だけの生活が変わろうとしている―。番外編、丈の恋物語も収録する好評シリーズ第5弾。


長くて、そろそろ飽きてきました・・・
もうハッピーエンドで終わらせてしまってもいいのではないか?と・・・
いま発売されている本でもまだ完結してない(はずの)話。
いったいどう終結するのか
じれったさも感じながらも、最後までは読みたいと思う。


【村山由佳の本】

前の巻(4巻)はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-856.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-857.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C2%BC%BB%B3%A1%A1%CD%B3%B2%C2



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/06/14 00:14] books | TB(0) | CM(0)

089 雪の降る音 ★★★★☆ 

おいしいコーヒーのいれ方 (4) 雪の降る音 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (4) 雪の降る音 (集英社文庫)
(2002/11/20)
村山 由佳

商品詳細を見る

出版社/著者からの内容紹介
大学生の勝利と年上のいとこ、かれんとの恋は順調。でも秘密の恋ゆえに色々と気になる事が…。かれんに思いを寄せる同僚の存在、勝利にも迫ってくる下級生がいる。微妙な四角関係にゆらぐ恋の行方は!?

内容(「BOOK」データベースより)
親父が再婚するぅ?突然のビッグニュースに福岡に単身赴任している父を訪ねた勝利。父と息子、男同士で過ごす夜、5歳年上のいとこ・かれんへの思いをはじめてうち明ける。まだまだ秘密にしなければならない恋だけど、少しだけ、前進。なのに美術教師のかれんには彼女に思いを寄せる同僚がいるし、大学生になった勝利は陸上部のマネージャーから告白されて。おおやけにできない恋ゆえの悩みが続く。


テレビドラマのような軽いタッチの話で
かなり長い長編です。

けっこう前に3巻まで読んで
久しぶりに続きを読みました。

設定はちょっとありえないけど
現実に起こりそうな
実際にみているようなそんな気分で読みました。

ぶつかりあいながらも、二人が成長していく様子がすごくいい。
そんな中で、すごくいいなって思う部分がありました

つまり、僕がこれから先もずっと彼女の目を自分のほうに向かせておきたければ、僕はそれに値するだけのものをどんどん身につけていかなければならないということなのだ。もしもだらだらと怠けて、その間に彼女のほうが一人の人間として僕をはるかに追い越してしまったら、この恋は終わってしまうかもしれない。なぜなら、人は自分よりすべての点で劣る者に恋をし続けることはできないからだ。

私の考えも同じで、
やっぱりお互い高めあえる人がいい。
どんどん引っ張り合って成長できる関係がいい。

それをもう一度確認してみました。


【村山由佳の本】

前の巻(3巻)はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-616.html

次の巻(5巻)はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-867.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-857.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C2%BC%BB%B3%A1%A1%CD%B3%B2%C2



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/06/05 00:16] books | TB(0) | CM(0)

026 野生の風 ★★☆☆☆ 

野生の風 WILD WIND 野生の風 WILD WIND
村山 由佳 (1995/03/24)
集英社

この商品の詳細を見る

村山由佳さんの本ということで借りてみました。

ストーリー的にはあまり好きではないし
最後の終わり方はイマイチな気がしますが、
描写はすごくきれいで
実際にアフリカにいったような気分になれます。

主人公は染色の仕事をしているのですが、
その作品の味なども
その描写から伝わってくる気がします。

本当に説明が美しくて
村山由佳さんっぽいなって感じがしますし
これだけの説明力が自分にもあればいいのにって思ってしまったりもします。


内容(「BOOK」データベースより)
ときめきの染織家・多岐川飛鳥、野生動物のいのちを撮り続ける藤代一馬。ベルリンの壁崩壊の夜の宿命の出会いから、サバンナの大地にくるまれた官能のひとときへ、そして、慟哭の終局へ。感動の、超恋愛小説。


【村山由佳の本】

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-857.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C2%BC%BB%B3%A1%A1%CD%B3%B2%C2



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/02/23 23:51] books | TB(0) | CM(2)

017 キスまでの距離 ★★★★☆ 

おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫) おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)
村山 由佳 (1999/06/18)
集英社

この商品の詳細を見る

ようやく一番最初を読みましたw

どういう展開でかれんとショーリの心が近づいていったのか、
かれんが本当はショーリのことが好きで、
それをショーリに伝えたシーンがとてもすてきでした。

ほんとに軽く読める恋愛ストーリーで
続きもどんどん読んでいきたいなって。

それにしてもすごく巻数が多い話なので、
いろいろ恋の障害もあるんでしょうか?
楽しみです。


出版社/著者からの内容紹介
彼女を守ってあげたい。誰にも渡したくない-。高校3年になる春、年上のいとこのかれんと同居することになった「僕」。彼女の秘密を知り、強く惹かれてゆくが…。切なくピュアなラブ・ストーリー。

内容(「BOOK」データベースより)
高校3年生になる春、父の転勤のため、いとこ姉弟と同居するはめになった勝利。そんな彼を驚かせたのは、久しぶりに会う5歳年上のかれんの美しい変貌ぶりだった。しかも彼女は、彼の高校の新任美術教師。同じ屋根の下で暮らすうち、勝利はかれんの秘密を知り、その哀しい想いに気づいてしまう。守ってあげたい!いつしかひとりの女性としてかれんを意識しはじめる勝利。ピュアで真摯な恋の行方は。


【村山由佳の本】

2巻はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-787.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-857.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C2%BC%BB%B3%A1%A1%CD%B3%B2%C2



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/02/09 23:23] books | TB(0) | CM(2)

016 彼女の朝 ★★★★☆ 

おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の朝 (集英社文庫) おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の朝 (集英社文庫)
村山 由佳 (2001/06/20)
集英社

この商品の詳細を見る

最初に2巻から読み始めてしまったというお話
実は8だか9だか、とりあえず沢山巻があるらしい!

で、1巻と3巻を借りてきて3巻からよみましたw

この本はとにかく軽くておもしろいですが
2巻ほどのおもしろみはこの巻にはなかったです

おそらく、かれんのかわいさっていうのが
3巻では2巻ほど伝わってこなかったからでしょう


出版社/著者からの内容紹介
5歳年上のいとこのかれんに恋した勝利。ファースト・キスは交わしたものの、同じ屋根の下で暮らすふたりの「秘密の恋」はなかなか進展しない。はじめてふたりだけの夜を過ごすことになって…!?

内容(「BOOK」データベースより)
進展するとみえて、なかなか思うようにすすまない勝利とかれんの「秘密の恋」。互いの心が見えなくて、不安になったりもしたけれど。そんな気分をすべて洗い流したくてふたりで来た鴨川。思いっきり海ではしゃいだその帰り、外房線の不通というアクシデントが。「…今日は、鴨川にいない?」消え入るようなかれんの言葉の意味が、ようやく理解できたとき勝利は―。はじめての、ふたりだけの夜。


【村山由佳の本】

2巻はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-787.html

4巻はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-856.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-857.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C2%BC%BB%B3%A1%A1%CD%B3%B2%C2



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/02/07 23:37] books | TB(0) | CM(0)

006 夜明けまで1マイル ★★★☆☆ 

夜明けまで1マイル―somebody loves you 夜明けまで1マイル―somebody loves you
村山 由佳 (1998/09/18)
集英社

この商品の詳細を見る

最近、村山由佳さんの本も読み始めました。

前、読んだときはあんまり好きじゃなかったから
しばらく読んでなかったんだけど。
まあ、本によるのかな。

この本はけっこう好きだった。
最後のほうが切なくて。

うさぎの気持ちもすごくよく分かるし
涯の気持ちもよく分かる気がする。

うさぎは、男の子っぽいんだけど
ホントはすごく女の子だったりして
そういうところがかわいいなっって思う。

うさぎと涯がくっつかないかなとか
密かに期待してたわけだけど
まあ、二人は幼馴なじみなわけだし、
まあそううまくはいかないよな。

でもこの終わりはけっこう好き


内容(「MARC」データベースより)
大学一年の涯は、教授で人妻のマリコさんと恋愛真っ只中。センセイとセイト、でもこれはフリンなんかじゃない、恋だ。今を一直線に疾走する、青春物語。


【村山由佳の本】

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-857.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C2%BC%BB%B3%A1%A1%CD%B3%B2%C2



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/01/15 00:00] books | TB(0) | CM(0)

094 僕らの夏 ★★★★☆ 

おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫) おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫)
村山 由佳 (2000/06/20)
集英社

この商品の詳細を見る

続き物とは知らずに借りてしまった
かれんの性格がかわいくてすごく好きだった
ショータとかれんのその後がすごく気になるので
続きも読もうかと


出版社/著者からの内容紹介

年上のいとこのかれんと、その弟の丈と同居して1年、大学生になった勝利だが、恋人でもあるかれんとの距離が縮まらず、不安と焦りの日々。その上、強力なライバルも出現し…。好評シリーズ第2弾。

内容(「BOOK」データベースより)

5歳年上のいとこのかれんとその弟の丈と同居して1年。大学生になった勝利の毎日は不安と焦りでいっぱい。恋人でもあるかれんとの仲が、なかなか進展しないからだ。ファースト・キスを交わしたけれど、かれんは本当に僕のことを好きなのだろうか?強力なライバルの出現、そして大学での新たな人間関係と、勝利の心は休まる暇もない。シリーズ第二弾。かれんと勝利、ふたりの夏がはじまる。


【村山由佳の本】

1巻はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-618.html

3巻はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-616.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-857.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C2%BC%BB%B3%A1%A1%CD%B3%B2%C2



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/12/22 22:08] books | TB(0) | CM(0)

142 天使の梯子 ★★★★☆ 

天使の梯子 天使の梯子
村山 由佳 (2004/10)
集英社

この商品の詳細を見る

天使の卵の続編
前編はあまりよく思えなかったので期待はしていなかったが
それを覆してくれました

成長した夏妃
怒り、悩み、もどかしさがよく伝わってきます
人との付き合い
昔の出来事を引きずっている様子が
実際のその立場に立たされたら
本当に抱きそうな、そんな感じがした

最後にはみなが昔を乗り越え
新しい生活が始まっていく
ステキな話でした

これはおススメします

そして、この筆者はほんとに綺麗な文を書くなと思った


【村山由佳の本】

前編はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-771.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-857.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C2%BC%BB%B3%A1%A1%CD%B3%B2%C2



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/11/25 22:25] books | TB(0) | CM(0)

132 星々の舟 ★★★★☆ 

星々の舟 星々の舟
村山 由佳 (2003/03)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

好きだった血のつながりのないはずの兄弟が
実は血がつながってたとかいう
またまたすごいストーリー

ただし、天使の卵と比べて断然よい
かなり重い内容ではあるが
恋、家族をいろんなそれぞれの観点から描き

最後には父の目線から戦争の内容が語られていたが
それもしっかり描かれていて
色々考えさせられる面もあった

天使の卵のほうが
軽くて読みやすいし
表現はきれいだと思うけど
ストーリーから見ればこれはいい話だったかと思う


【村山由佳の本】

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-857.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C2%BC%BB%B3%A1%A1%CD%B3%B2%C2



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/11/05 22:24] books | TB(0) | CM(0)

131 天使の卵 ★★☆☆☆ 

天使の卵(エンジェルス・エッグ) 天使の卵(エンジェルス・エッグ)
村山 由佳 (1994/01)
集英社

この商品の詳細を見る

これが今日読んだ本だが
とてもありがち
人の不幸から恋が発展したり
簡単に人の死が扱われてるような印象を受けた

ただ表現の仕方
文章はとてもきれい

という感じだった


【村山由佳の本】

続編はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-344.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-857.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C2%BC%BB%B3%A1%A1%CD%B3%B2%C2



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/11/04 23:44] books | TB(0) | CM(0)
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。