スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

104 コインロッカー・ベイビーズ (下)  ★☆☆☆☆ 

コインロッカー・ベイビーズ (下) (講談社文庫)コインロッカー・ベイビーズ (下) (講談社文庫)
(1984/01)
村上 龍

商品詳細を見る

とにかくグロイ
鬱になる。

解説を読んでると
すごい深い話だなぁって感心はしたんだけど
とにかく気持ち悪すぎて、本編を読んでるときは感心できなかった。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/06/27 00:04] books | TB(0) | CM(0)

103 ノキア ★☆☆☆☆ 

ノキア―携帯電話で世界を席巻するノキア―携帯電話で世界を席巻する
(2004/03)
トレヴァー メリデン

商品詳細を見る

あまり面白くなかったなぁ
文章の構成が読みにくいというか
まとまりがないというか
他者の意見とか言う字の小さいコーナーが沢山途中にあるからかなぁ
あと、翻訳した本だから読みにくくなってるのかもしれない。

とりあえずノキアを立て直した
オリラさんがすごいことがよく分かります。
日本のメーカーもノキアみたいに海外で通用するようになるといいけど
いまの仕組みじゃきっと難しいんだろうなぁ。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/06/25 00:27] books | TB(0) | CM(0)

098 コインロッカー・ベイビーズ (上) ★☆☆☆☆ 

コインロッカー・ベイビーズ (上) (講談社文庫)コインロッカー・ベイビーズ (上) (講談社文庫)
(1984/01)
村上 龍

商品詳細を見る

有名な話なので一度は読んでおこうと思った本

読んでたら、どんどん怖くなって
気持ち悪いなって思った

せっかくだから、下巻も読もうと思うけど
こわそう・・・



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/06/18 00:09] books | TB(0) | CM(0)

097 もっとうまくなる、楽しくなる!スキー ★☆☆☆☆ 

もっとうまくなる、楽しくなる!スキー (実用BEST BOOKS)もっとうまくなる、楽しくなる!スキー (実用BEST BOOKS)
(2007/10)
不明

商品詳細を見る

今までスキーは感覚で覚えてきたけど
少し理屈も入れてみようかなと思って
季節はずれだが読んでみた。

この本を読んで発見したのは
スキーの板の持ち方と
道具の選び方
これは少し参考になった

あと、カービングターンの仕方は
読んでみて、コーチがいってたことが少し理解できたかも

ただ、他は微妙。
初心者用の本だから
技術としては低いことなんだけど
説明が分かりにくい。

これじゃ、たぶん初めてやろうという人は分からない。
そして、ちょっとできるけど、上手くなりたい人も分からない。

というわけで微妙。
もう少し他の本もあたってみよう。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/06/17 00:37] books | TB(0) | CM(0)

074 世界で一番気になる地図帳 ★☆☆☆☆ 

世界で一番気になる地図帳世界で一番気になる地図帳
(2006/05/25)
おもしろ地理学会

商品詳細を見る

以前、話題になった本です。
図書館で予約かけておいたら、やっと来た。

すごい期待していたんですが
ふーんって感じで
おもしろいのは、いくつかあったものの
たいして楽しめなかった。

読むときは楽しくても
たぶん後には残らない

あえて言えば、
舞浜駅の由来ってのはおもしろかったかな。

以上。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/05/15 00:14] books | TB(0) | CM(2)

067 「原因」と「結果」の法則 ★☆☆☆☆ 

「原因」と「結果」の法則「原因」と「結果」の法則
(2003/04)
ジェームズ アレン

商品詳細を見る

イギリスで書かれた、自己啓発本のもととなる本です。
今まで、ここに書かれてきたような内容の本をいくつも読み、
感銘を受けて、
その流れでこの本を読みました。

私は、今までにいくつもこういう本を読んできたために、
あまり新鮮さもなく
取り立てて、すごいと思う部分もなく
あまり読みにくく
そういった印象を受けました。
というわけで、あまりおススメしません。

おそらく、自己啓発の元祖といえば
すごい本だろうし、
他の本の存在がない時点であれば素晴らしい本だと思う。

ただ、今はもっともっとすごい本がある気がしました。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/05/03 00:45] books | TB(0) | CM(2)

061 走る家 ★☆☆☆☆ 

走る家走る家
(2007/11/28)
唯野 未歩子

商品詳細を見る

良さがあまり、分からなかった・・・

男性と女性の微妙な関係がうまく描かれている部分は
おもしろかったけど、
この方の世界観はあまり私には分からないなぁ。

一応最後まで読んだけど、
残念かな。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/21 07:31] books | TB(0) | CM(2)

048 人質カノン ★☆☆☆☆ 

人質カノン (文春文庫)人質カノン (文春文庫)
(2001/09)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

短編集です。

これは、私はいい評価をつけられないと思った。

素人が偉いこといって、という感じだろうが、
なんとなく浅いという印象を受けた。
もちろん、宮部みゆきのほかの作品から受ける
すごい才能からしてみれば浅いということだが。

どれも展開が読める。
想像もつかないような結末や
心情の深さなどはあまり感じられなかったからだろう。


【宮部みゆきの本】

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-782.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%B5%DC%C9%F4%A1%A1%A4%DF%A4%E6%A4%AD




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/06 23:25] books | TB(0) | CM(0)

リスト Rank 

【本のランク】

★★★★★
すごく良かった本、もう一度読みたい本
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%A1%FA%A1%FA%A1%FA%A1%FA%A1%FA

★★★★☆
良かった本、おもしろかった本
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%A1%FA%A1%FA%A1%FA%A1%FA%A1%F9

★★★☆☆
ふつうの本、まあまあおもしろかった本
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%A1%FA%A1%FA%A1%FA%A1%F9%A1%F9

★★☆☆☆
そうでもなかった本、微妙だった本
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%A1%FA%A1%FA%A1%F9%A1%F9%A1%F9

★☆☆☆☆
残念だった本、がっかりした本
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%A1%FA%A1%F9%A1%F9%A1%F9%A1%F9



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/03/30 14:21] list | TB(0) | CM(0)

033 タナトス ★☆☆☆☆ 

タナトス (集英社文庫)タナトス (集英社文庫)
(2004/03/19)
村上 龍

商品詳細を見る

続編とは知らず、これから読んじゃいました。
単独で読んでも問題ないつくりでしたが。

正直なところよくわからなかった。
表現もかなり露骨だし。
『半島を出でよ』とかもっと総合的な本のがいいな。

しかし、延々と続く女性の告白には圧倒されるものがあって
これを書ける村上さんは本当にすごいと思った。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/03/11 08:31] books | TB(0) | CM(2)

031 やさしい文章術 ★☆☆☆☆ 

やさしい文章術―レポート・論文の書き方 (中公新書ラクレ)やさしい文章術―レポート・論文の書き方 (中公新書ラクレ)
(2002/12)
樋口 裕一

商品詳細を見る

ESを書くのに、ちゃんとした文章がかけるようになりたいと
文章系の本をいくつか借りたんだけど
副題にもあるようにこれは完全に論文を書くためのマニュアルみたいな感じなのよね。

一度もレポートの書き方とか小論文の書き方とかならったことがなかったから
すごく参考にはなったんだけど
今の時点ではそこまで必要なかったのかも。

論文の課題の設定の仕方とか
長い論文を書く前は、まず小論文を書いてみるとか
そういうところでなるほど!って思った。

あと、例題としてオッベルと象がとりあげられてて
今までよんだことなかったんだけど
この小論文を読んだから、なんか読んでみたくなった。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/03/09 10:50] books | TB(0) | CM(2)

029 人形の家 ★☆☆☆☆ 

人形の家 (岩波少年文庫) 人形の家 (岩波少年文庫)
ルーマー ゴッデン (2000/10)
岩波書店

この商品の詳細を見る

これはおもしろくなかった。
適当に図書館でかりてきたんだけど
つまらなかったなぁ

これは子供が読んでもおもしろくないんじゃないかと

人形が主人公で
その目線から他の人形の性格や
人の性格について話してるんだけどね
まあ特に盛り上がりもなく
みたいな。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/03/02 17:34] books | TB(0) | CM(0)

027 文章術 ★☆☆☆☆ 

文章術―「伝わる書き方」の練習 (角川oneテーマ21) 文章術―「伝わる書き方」の練習 (角川oneテーマ21)
樺島 忠夫 (2002/12)
角川書店

この商品の詳細を見る

最近、エントリーシートを書きながらつくづく文章かくの下手だなって思って。

特に自分のことをアピールする文章となると
何を書いていいのかわからない。
どう書いていいのか分からない。

そんな思いから
少し文章についての本を読もうと思って
いくつか借りてきました。

そのうちの1冊目の本がこれです。

正直言ってがっかりでした。

どちらかといえば国語の教科書のような本。

確かに中に書いてあることにはいいこともあった。

例えば、日本の教育では感動したことについて作文を書かせる。
ただ、あったことを客観的に書く練習や
つらいことなどを書くような練習もない。

どうしても文学的にいいものを書かなきゃいけないというプレッシャーを与えるだけで
どう書くかというプロセスの教育がなくて
文章がかけないという苦手意識を作る。

この本に書いてあった以上のことを
私自身も感じてきた。

最近は自分で日記を書いたり、
このブログのように下手な文章ではるけれど
人の目に触れるような文章を書いていることもあって
少しは書くことに慣れてきたとは思う。

というわけで、それがもっと楽しく書けるようになるような
そんな本を探していたわけで。

これは外れでした。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/02/24 18:14] books | TB(0) | CM(2)

023 ないもの、あります ★☆☆☆☆ 

ないもの、あります ないもの、あります
クラフト・エヴィング商會 (2001/12)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

とても異色なストーリー。

堪忍袋の緒、転ばぬ先の杖、舌鼓
といったありえないものを商品にしてしまおうっていう
架空のお話

たまにおもしろいなってアイディアもあったんだけど
どうも無理やりと言うか、
そこまで楽しめなかったかも

けっこう期待してたので、残念



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/02/19 08:32] books | TB(0) | CM(2)

018 女性の品格 ★☆☆☆☆ 

女性の品格 (PHP新書) 女性の品格 (PHP新書)
坂東 眞理子 (2006/09/16)
PHP研究所

この商品の詳細を見る

まあ、ごもっともですってのもあったけど
これはしちゃいけないとか
あれは品格がないとか
そういうことばかり言っているほうが逆に品格がないような・・・

まあ、これをすべて実現していれば
ステキな人なんだろうけどね。

そこまでの人間にはなれだろうし
なりたくない気もします。

ちなみに、題名の女性の品格が
国家の品格のパクリだという時点で
品格がないという話を聞きましたが
確かにそのとおりのような気も!



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/02/13 18:30] books | TB(0) | CM(0)

013 世界一やさしい問題解決の授業 ★☆☆☆☆ 

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく 世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
渡辺 健介 (2007/06/29)
ダイヤモンド社

この商品の詳細を見る

本当に、やさしく分かりやすく書いてあります。
問題解決思考の初歩の初歩です。
そういえばこないだ行った就活セミナーで同じことやってたなって思ったり。

すでに問題解決系の本を読んだことがある人にはきっと物足りないと思います。
どちらかといえば中学生とか子供向けなのかな~



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/01/29 10:40] books | TB(0) | CM(8)

011 時の旅人 ★☆☆☆☆ 

時の旅人 (岩波少年文庫) 時の旅人 (岩波少年文庫)
アリソン アトリー (2000/11)
岩波書店

この商品の詳細を見る

ほんとは本読んでる場合でもないんだけど
昨日はどうしてもだるくて、勉強したくなくて
こう時間を無駄にするくらいだったら本を読もうと

子供向けの軽く読める本です。

なんでだか分からないんだけど
私の1年のときにつくった読みたい本リストは
実用書しかなかったんだけど
その中にこれが一冊まぎれてた。

どうして読みたいと思ったのかまったくわからないんだけど
読んでみたらまぁまぁってところだった。

女の子が、無意識?のうちに昔の時代と現在を行き来するっていう話。
たぶん寝ている間とか現在で意識がないときは昔にいってって感じなんだと思う。
現在と過去の両方が同時に見えたりと
それはまあ不思議な感じ。

過去の舞台はエリザベス女王の時代のイギリス・サッカーズ
主人公ペネロピーのおばの祖先が働く、
アンソニー殿のうちで奮闘する。

アンソニーはエリザベス女王に幽閉されている
スコットランド女王のメアリー女王を逃がして自由にさせようっていう計画をたてていて
でも失敗して処刑されるっていう話を食い止めようとする。
というか脱走を助けようとする。

なんか、子供の物語にありがちなお話ではあるんだけど、
ひとつおもしろかったのは
過去にいくと、現在の記憶がほとんどなくなること
ただ、たまに断片的に思い出せたりして。
っていうのはなかなかおもしろい設定だった。

総括すると、わざわざ読むほどの本ではなかったと。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/01/26 10:58] books | TB(0) | CM(4)

008 エンドゲーム ★☆☆☆☆ 

エンド・ゲーム―常野物語 (常野物語) エンド・ゲーム―常野物語 (常野物語)
恩田 陸 (2005/12)
集英社

この商品の詳細を見る

うーん。正直よく分からない。

私の理解不足かなと思って、ちょっと調べてみたんだけど
分からないという感想を書いている人はやっぱり多かった。

裏返したり、裏返されるという特殊な能力をもつ家系のお話。
常に恐怖におびえて戦っている彼らが・・・
たぶん書くとネタバレになるのでやめときますが。

あまりにも抽象的で、突飛な話なので
頭の中は???という感じで。

作者がどういうことを意図しているのかもイマイチつかめない。

もし、分かった人がいたら是非教えてください。

ちなみに、これは『光の帝国』の中にある短編の続編なので、
それを読んでからのほうがよかったのかもしれないです。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/01/17 00:00] books | TB(0) | CM(0)

004 ゲームの名は誘拐 ★☆☆☆☆ 

ゲームの名は誘拐 ゲームの名は誘拐
東野 圭吾 (2002/11/19)
光文社

この商品の詳細を見る


私の好きな東野圭吾さんの本。
2002年に出版された比較的新しいお話。

軽めのお話だけど、
東野圭吾さんらしい、驚きの展開が待っています。

赤い指』とか『白夜行』ってどろってしたような
重たい感じで、
私はそういう東野さんの話が好きなので
ちょっとイマイチという印象を受けた。

けど、最後の展開はほんとに予想してなかったのでビックリ。

軽すぎせいか
お粗末な感じを受けるのは残念だが。



【東野圭吾の本】

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-842.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C5%EC%CC%EE%A1%A1%B7%BD%B8%E3



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/01/13 00:00] books | TB(0) | CM(0)

002 コンサルタントに踊らされるな、日本企業! ★☆☆☆☆ 

コンサルタントに踊らされるな、日本企業!―最大の成果を生むコンサル徹底活用術 コンサルタントに踊らされるな、日本企業!―最大の成果を生むコンサル徹底活用術
青木 保彦、安藤 紫 他 (2001/09)
ダイヤモンド社

この商品の詳細を見る


これも、昔のリストから拾ってきたんだけど、
間違いなくコンサルと働く機会がある人にいい本で
学生には向いていません。

でも、就活してる身では
コンサル業界を知る意味では少しおもしろかったけど。

きっと、将来どこかの会社で
コンサルを依頼するようなことがあれば
役に立つのかなって思います。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/01/11 00:00] books | TB(0) | CM(0)

088 手にとるように経済のことがわかる本 ★☆☆☆☆ 

手にとるように経済のことがわかる本 最新版―図解でわかる経済の仕組みAtoZ 手にとるように経済のことがわかる本 最新版―図解でわかる経済の仕組みAtoZ
大勝 文仁 (1995/09)
かんき出版

この商品の詳細を見る

なんで経済学部の人間がこんな本読んでるんだって感じではありますが、
どうもけっこう前に買ったようで、あったので読みました
ほぼ知ってることばっかりだったけど
知ってるけど、ちゃんと説明できないみたいな言葉もあったので
少しは勉強になったのかなと思ったり
まあでも、簡単すぎでした



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/12/05 09:46] books | TB(0) | CM(0)

080 秀吉の枷 (上) ★☆☆☆☆ 

秀吉の枷 (上) 秀吉の枷 (上)
加藤 廣 (2006/04/18)
日本経済新聞社

この商品の詳細を見る

前に信長の棺よんだんだけど
それと同じ著者の本

信長の棺はすごくおもしろかったんだが
これはそうでもない気がする
ストーリーの柱が見えてこないというか
何を伝えたいのかがあまり見えてこないような

上巻だけで挫折をするか
下巻も読んでみるか
けっこう迷うところ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/10/31 11:16] books | TB(0) | CM(0)

074 スカイラー通り19番地 ★☆☆☆☆ 

スカイラー通り19番地 スカイラー通り19番地
E.L. カニグズバーグ (2004/11)
岩波書店

この商品の詳細を見る

なんとなく表紙の印象がとても強くて
どうしても読まなきゃいけない気がしたんだけど
不思議な話でそこまでおもしろくなかった

この著者が書いたクローディアの秘密はおもしろかったと思うんだけどね
なんせ読んだのがずいぶん前の話だからあんまり覚えてないや

まあでも最後まで読んで気付いたのは
この話を通して作者が訴えたいことっていうのが
おぼろげながら伝わってきたこと
でも、残念ながら私の理解力不足なのか
そこまでそれに説得力がないというか
あまり全体像が見えてこなくて
残念だったかな



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/10/13 22:01] books | TB(0) | CM(0)

050 電力取引ビジネス ★☆☆☆☆ 

電力取引ビジネス―自由化は止まらない! 電力取引ビジネス―自由化は止まらない!
井熊 均 (2001/05)
東洋経済新報社

この商品の詳細を見る

合宿の三田論発表のために読んだんだけど
なかなか難しかった
電力自由化のことが詳しく分かるけど
まったく知識がないまま読むにはおススメしない
そんな感じだった



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/09/02 03:20] books | TB(0) | CM(0)

035 ドリトル先生のキャラバン ★☆☆☆☆ 

ドリトル先生のキャラバン ドリトル先生のキャラバン
ヒュー・ロフティング (2000/06)
岩波書店

この商品の詳細を見る

今回の話はあまり好きじゃなかった
あまりに突飛すぎるというか
どうなんだって感じる部分が多くて
鳥の生い立ちはおもしろかったけど
たいくつするような部分もあったりして
あとカナリアオーケストラっていうのはどうなんだろうって
疑問もあったりする
まあでも動物がいいと思うような広告をやったり
犬がにおいを分析するってあたりはけっこうよかったかな



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/06/03 14:46] books | TB(0) | CM(0)

029 国家の品格 ★☆☆☆☆ 

国家の品格 国家の品格
藤原 正彦 (2005/11)
新潮社

この商品の詳細を見る

なんだかずいぶん前に話題になった本
なんで今頃読んでるかって言うと
2年前に図書館で予約をかけておいたら
今頃になって回ってきたっていう

2年を経てまわってきた本
なんかすごいよな

日本に対する愛情というか
古きよき日本を守れみたいな感じの本ですね

確かに、日本には欧米のほうがいいという風潮があり
日本はよくないと考える人が多かったり
情緒がなくなり、理論に走りがちであったり
この本が指摘する悪い面があるのは確かだと思った
ただ、この本はちょっと極端だね
無理にいっている部分があるから
矛盾を感じるし

確かに日本に誇りを持つべきだけど
ちょっと過大に評価しすぎだったり
場所によって主張がかわってたり
というわけであまりいいとは言えませんね



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/05/16 06:36] books | TB(0) | CM(0)

024 仕事のヒント ★☆☆☆☆ 

仕事のヒント 仕事のヒント
神田 昌典 (2005/09/21)
フォレスト出版

この商品の詳細を見る

いま働いている人向けの本ですね
1ページに1フレーズ
そして下に小さく説明が書かれている感じのレイアウト

内容は当たり前と言えば当たり前な感じであるが
少しは響くことはあった
仕事してて切羽詰った?ときとかに響きそうな感じはするかも
とはいえ、学生なのでそのへんは想像の世界ですが

あんまりためになるとは思わなかったが
自分の主張と言うか、内容を
うまくワンフレーズにまとめているところが感心
やっぱり自分の言いたいことを短くまとめられるっていうことは大事な技術だろうし
短くしてもしっかり自分の意見を伝えるいい例なんじゃないかと思ったりした



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/04/10 07:14] books | TB(0) | CM(0)

019 詭弁論理学 ★☆☆☆☆ 

詭弁論理学 詭弁論理学
野崎 昭弘 (1976/01)
中央公論新社

この商品の詳細を見る

議論を楽しむにはどうしたらいいのか
詭弁にはどのようなものがあるのか
そんなことが書かれている本です
クイズのように論理の罠を探る問題があるのはおもしろかったけど
だから何が言いたいのかなというか
色々な例がひたすら出ていて
特に議論が楽しめるようになるとは思えない
最初のほうにあった強弁に関しては
自分でも実際にしたことがあったり
してる人がいるのを思い出したりと
楽しめる部分があったが
実際これを読んだからといって何かが変わるとは思えないかな



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/03/29 05:00] books | TB(0) | CM(0)

001 オセロー ★☆☆☆☆ 

オセロー (新潮文庫)オセロー (新潮文庫)
(1973/06)
福田 恒存、シェイクスピア 他

商品詳細を見る

早速に読んだ本
それがオセローってね・・・
まあレポートのためだから仕方がないんだけど

私はこの話はキライだ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/01/07 11:34] books | トラックバック(-) | CM(0)

153 玩具修理者 ★☆☆☆☆ 

玩具修理者玩具修理者
(1996/04)
小林 泰三

商品詳細を見る

友達に薦められた本
玩具修理者と酔歩する男という2つの話が入ってた
玩具修理者はとりあえずグロかった
話としてはおもしろかったが
表現がちょっと気持ち悪い
解剖とかがぜんぜん平気な人にはいいと思います
私はちょっと苦手なので気持ち悪かった
でも話はよくできてます
酔歩する男ってのは時間についての認識をつかさどる
組織を破壊しちゃって…って話なんだけど
すごく難しくて混乱してしまった



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/12/17 00:36] books | TB(0) | CM(0)
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。