スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

085 コンビニ「店舗経営と商品開発」の鉄則 ★★★☆☆ 

コンビニ「店舗経営と商品開発」の鉄則コンビニ「店舗経営と商品開発」の鉄則
(2006/04/12)
池田 勝彦

商品詳細を見る

コンビニの経営で何が必要なのか
これからどう変化していくべきなのか
そんなことが書かれていた

とても読みやすくわかりやすい

なるほどって思うようなこともあるし
コンビニの経営に興味があるならとてもいいと思う

便利なコンビニの成功を見るだけでなく
現在他の競争者が現れていることに対しての
対応の仕方を考えているこの本は
とてもためになるものだと感じた




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
スポンサーサイト

[2006/06/30 22:38] books | TB(0) | CM(0)

プロフェッショナル 

NHKでやっていた番組
はじめて、しかも最後のほうだけみたんだけど
いろんな仕事にスポットをあてて仕事術について取材する
という番組

とても興味がわいた
来週からちゃんとみてみようかな

木曜 22:00~22:45です


プロフェッショナル 仕事の流儀 第II期 DVD-BOX プロフェッショナル 仕事の流儀 第II期 DVD-BOX
(2007/04/27)
NHKエンタープライズ
この商品の詳細を見る




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/29 22:58] television | TB(0) | CM(0)

084 銀のいす ★★☆☆☆ 

銀のいす ナルニア国ものがたり (4)銀のいす ナルニア国ものがたり (4)
(2000/06)
C.S. ルイス、C.S. Lewis 他

商品詳細を見る

まあ普通におもしろかった
ジルがあまり好きになれず
あららと思いながら読んでいた

ありきたりな展開な気がする

どんなことがあっても冷静さを失わない
沼人さんがすばらしかった


【ナルニア国物語】

前の巻(朝びらき丸東の海へ)
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-689.html

次の巻(馬と少年)
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-678.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-705.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%A5%CA%A5%EB%A5%CB%A5%A2%B9%F1



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/29 22:40] books | TB(0) | CM(0)

083 朝びらき丸東の海へ ★★★☆☆ 

朝びらき丸東の海へ ナルニア国ものがたり (3)朝びらき丸東の海へ ナルニア国ものがたり (3)
(2000/06)
C.S. ルイス、C.S. Lewis 他

商品詳細を見る

2巻よりだいぶおもしろかった
でも1巻のような壮大さはなかった気がする

ユースチスの成長を見る分にはおもしろい

最後は尻すぼみといった感じだろうか
特に盛り上がるでもなく終わった感じもする
ただ、つまらないということはなく一気に読めた

私はリーピチープが好きだ
あの勇敢な態度がいいと思う


【ナルニア国物語】

前の巻(カスピアン王子のつのぶえ)
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-698.html

次の巻(銀のいす)
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-688.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-705.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%A5%CA%A5%EB%A5%CB%A5%A2%B9%F1



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/28 23:42] books | TB(0) | CM(0)

082 いい会議。悪い会議× ★★★☆☆ 

いい会議。悪い会議×いい会議。悪い会議×
(2006/04)
樋口 裕一

商品詳細を見る

とても分かりやすかった

会議でどういうことが問題なのか
意義のある会議はどういうものなのか

書いてあることは分かりきったことではあるけれど
実際に自分が犯してしまいそうなものもある

会議だけでなく
ちょっとした話し合いであっても
この本の内容が生かせれば実のあるものになると思った



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/28 20:45] books | TB(0) | CM(0)

081 アルジャーノンに花束を ★★★★☆ 

アルジャーノンに花束をアルジャーノンに花束を
(1989/04)
ダニエル キイス、小尾 芙佐 他

商品詳細を見る

とてもいいお話でした

手術によって天才になったチャーリィ
しかし天才にならなくても幸福なことがあった

知的障害者だったチャーリィに対する周りの態度
チャーリィの心の変化
チャーリィを研究対象とする学者たちの目
天才になったあとの周りの反応

とてもうまく書かれていると思った

科学によって言い尽くせない
人間のよさというものがあるのかなと実感した


【ダニエル・キイスの本】

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-693.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%A5%C0%A5%CB%A5%A8%A5%EB%A1%A1%A5%AD%A5%A4%A5%B9



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/28 00:01] books | TB(0) | CM(0)

080 トム・ピーターズのマニフェスト(1) ★★☆☆☆ 

トム・ピーターズのマニフェスト(1) デザイン魂 (トム・ピーターズのマニフェスト 1)トム・ピーターズのマニフェスト(1) デザイン魂 (トム・ピーターズのマニフェスト 1)
(2005/09/10)
トム・ピーターズ

商品詳細を見る

本のデザインがステキ
外身のなかなかよいが
中身も写真がいっぱいあったり
デザインからみればおもしろい

ただしちょっと読みづらい
最後のまとめの部分でいっていることは
わかりやすく
何が大切かが分かる

デザインがどんなに重要か
それはよくわかるが
デザインに走りすぎてて
読みにくいのもどうかなと思う

そして全体を読む気にはなかなかなれない



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/27 23:06] books | TB(0) | CM(0)

079 ヒストリアン・I ★☆☆☆☆ 

ヒストリアン・Iヒストリアン・I
(2006/02/22)
エリザベス・コストヴァ、高瀬 素子 他

商品詳細を見る


ヒストリアンはどうも私には向いていないよう

ずっと気になってて
図書館で予約しててようやく回ってきたんだが
読んでいてあまりひきつけられない

ページも多いし
話の展開もおもしろくない
話のすすむスピードが遅いせいで
まだいいとこまで読めてないのかもしれないけど
頑張れそうにない

そもそも題材も好きではないみたい
ちょっとイメージと違った

というわけでリタイア~

誰かおもしろいって思った人いたら
よさを聞かせてください




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/27 10:23] books | TB(0) | CM(0)

078 ザ・プロフェッショナル ★☆☆☆☆ 

ザ・プロフェッショナルザ・プロフェッショナル
(2005/09/30)
大前 研一

商品詳細を見る

1つ1つをとってみれば
いいことを言ってるのかなと思ったけど
結局は何がいいたいのかよく分からない気がする

へたに難しくしているような印象を受けた



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/26 23:11] books | TB(0) | CM(0)

077 仮説思考 ★★★★★ 

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
(2006/03/31)
内田 和成

商品詳細を見る

とてもわかりやすかった

分析の仕方、仮説の立て方
いかにものごとを考え、決断するのか
例とともに分かりやすく説明されていた

仮説の大切さはもちろん
議論、インタビューも重要だとわかる

深く掘り下げて考えたり
仮説を否定はせず進化させていく
構造化することなど
どうすればいいのか詳しく書かれている

図も見やすいし
簡単に分かりやすく説明されているので
とても飲み込みやすいと思った



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/26 10:13] books | TB(0) | CM(0)

076 カスピアン王子のつのぶえ ★★☆☆☆ 

カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり (2)カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり (2)
(2000/06)
C.S. ルイス、C.S. Lewis 他

商品詳細を見る

ライオンと魔女にくらべるとだいぶ面白くなかった気がする
引き付けられるようなところがあまりない
ただたんたんと話が進んでいく感じ
それぞれの主人公の見せ場というのが
あまりなかったように感じる

流れはおもしろかったが
細部がちょっとお粗末だと思った


【ナルニア国物語】

前の巻(ライオンと魔女)
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-700.html

次の巻(朝びらき丸東の海へ)
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-689.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-705.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%A5%CA%A5%EB%A5%CB%A5%A2%B9%F1



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/26 00:00] books | TB(0) | CM(0)

075 私はこうして発想する ★★★☆☆ 

私はこうして発想する私はこうして発想する
(2005/11/10)
大前 研一

商品詳細を見る

この中にかかれている6つのメソッドは
とても役に立つと思った

先入観を疑う
ネットワークから考える
他にはないものを目指す
歴史から教訓を引き出す
敵の立場で読む
討論する

どれも当たり前のことではあるが
決して忘れてはいけないことだと思う
そういう意味で再確認という意味でもこの本はいい

また、それぞれのメソッドを関連付け
バラバラに使うのではなく
すべてがつながっていることがわかる

ただ、ひとつ気になったのは
具体例がとても有効なものではあったのだが
一部あれ、それはどうなんだろうというものもあった

ともあれ、発想するのにつまったとき
原点にもどって考えるのに
とてもいいのではないかと思う



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/25 23:23] books | TB(0) | CM(0)

074 ライオンと魔女 ★★★★☆ 

ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1)ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1)
(2000/06)
C.S.ルイス、瀬田 貞二 他

商品詳細を見る

映画みてまあまあおもしろかったからよんでみよって思った
内容はしっていたけど退屈することなく読めた
ちょっと映画とちがうとこもあったかな
映画でみるより本の方が好きだ


【ナルニア国物語】

次の巻(カスピアン王子のつのぶえ)
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-698.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-705.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%A5%CA%A5%EB%A5%CB%A5%A2%B9%F1



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/25 11:25] books | TB(0) | CM(0)

073 経営者になる 経営者を育てる ★★☆☆☆ 

経営者になる 経営者を育てる経営者になる 経営者を育てる
(2005/06/10)
菅野 寛

商品詳細を見る

基本的に知ってるというか
あたりまえって感じのことが書いてあった気がした

でも、よかったこともあって
実体験を通じて成長すること
理論を知っているだけではだめだということ

他の人の意見も聞き入れること
先人の知恵を取り入れること
また、ライバル社の経営者がいうことも役立つこと

ひとつのことに集中すること

このあたりは勉強になったと思う

最初に書いたとおり
考えたことがあることばかり書いてあった気がするが
実際の経営者の話したことが豊富に盛り込まれて
このあたりはとても参考になった



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/25 00:00] books | TB(0) | CM(0)

072 王妃の館〈下〉 ★★★★★ 

王妃の館〈下〉 (集英社文庫)王妃の館〈下〉 (集英社文庫)
(2004/06)
浅田 次郎

商品詳細を見る

とても感動した
どんどん話の先が気になるし
ルイの話なんかはとてもいいと思う

感動的な部分もありながら
笑えるような部分もあって
とてもいい話だったと思う


【浅田次郎の本】

上巻はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-704.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-655.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C0%F5%C5%C4%A1%A1%BC%A1%CF%BA



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/24 23:45] books | TB(0) | CM(0)

071 iモード事件 ★★★★☆ 

iモード事件 (角川文庫)iモード事件 (角川文庫)
(2001/07)
松永 真理

商品詳細を見る

iモードがどんなに苦労して作られたのか
どんな工夫がされたのか
松永さんがどんな考えをドコモに持ち込んだのか
色々知ることができておもしろい本



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/24 11:50] books | TB(0) | CM(0)

070 王妃の館〈上〉 ★★★★★ 

王妃の館〈上〉 (集英社文庫)王妃の館〈上〉 (集英社文庫)
(2004/06)
浅田 次郎

商品詳細を見る

おもしろい
現在のおかしなツアーと
ルイ14世の時代とがからみあってて
現在の話に出てくる人のつながりにとてもひきつけられる

ルイ14世の時代についてはあまり詳しく知らなかったんだけど
その息子についてのエピソードによって
現在と昔とがつながってる構成

おもしろくもあり
感動的でもあり
まだ下巻は読み終わってないが
続きがとても気になる作品

浅田次郎はすごい作家だと思う


【浅田次郎の本】

下巻はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-702.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-655.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C0%F5%C5%C4%A1%A1%BC%A1%CF%BA



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/23 23:51] books | TB(0) | CM(0)

069 鳩笛草 ★★★☆☆ 

鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまで (光文社文庫)鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまで (光文社文庫)
(2000/04)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

超能力者を題材にした作品で
朽ちてゆくまではけっこう好きだった
普通に何も考えずに読んでて
ドラえもんの話ですごい無駄に驚いてしまった

そして燔祭は以前に読んだクロスファイアの前編でおもしろかった
最初前編とか思ってなくて読んでたら
あれって思った

短編ってあまり好きじゃなかったからか
鳩笛草にはあまり入り込めなかった


【宮部みゆきの本】

続編『クロスファイア』はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-190.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-782.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%B5%DC%C9%F4%A1%A1%A4%DF%A4%E6%A4%AD




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/23 00:46] books | TB(0) | CM(0)

068 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント ★★★★★ 

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
(2001/06/27)
ロバート キヨサキ

商品詳細を見る

またまた、この本も勉強になった
自分がどのクワドランとに属すればいいのか
どうしたら他のクワドランとにうつれるのか
そんなことが書いてある

自分はEとかSに属しそうな気がするが
Bに入りたいという気がある

投資家については
どういう投資家がいるのかっていう区分があった
私は自分の性格から言ってレベル4の投資家になりそうな
そんな気がした

この本では
失望をバネにし
夢を持ち
少しずつ実現可能な目標をたて
良き師をみつけ
キャッシュフローを管理して
自分のために働くことの重要性が学べる

まず、夢、長期的な目標を考え
よい師でもみつけてみようかな~

金持ちになるのに一番近道で
一番有利になる
Bに入れるように考えてみようかな~と
意欲がわいてくる本でした



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/22 17:47] books | TB(0) | CM(0)

067 モスのココロ ★★★★☆ 

モスのココロ―モスバーガーハートフルブックモスのココロ―モスバーガーハートフルブック
(2006/02)
不明

商品詳細を見る

経営学の授業でモスの経営がすごいってことを聞いて
読んでみた本

どちらかというと経営よりも
モスのサービスに書いてある本だった

写真がいっぱいで
読んでいるとおなかがすいてくる感じ

モスのココロ
モスの提供する食べ物が
ココロをこめて作られているんだなということを感じた

価格競争ではなく
おいしく食べてもらうことをモットーとし
店舗をきれいに保ったり
環境に力を入れてみたり
食材にもこだわったり
そういうモスの精神がよくわかる

最後の経営者の話のところでは
現在の環境をよくつかみ
現状に甘んじるのではなく
どんどん新しいものを提供し
自分たちの商品に自信を持っていることが
強く伝わってきた

モスが好きな人
経営に興味がある人
両方におすすめできる本ではないかと思う

あまりモスにいくことはないが
ちょっといってみたいなという気持ちになった



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/21 17:48] books | TB(0) | CM(0)

066 変身 ★★★☆☆ 

変身 (新潮文庫)変身 (新潮文庫)
(1952/07/30)
高橋 義孝、カフカ 他

商品詳細を見る

かなり有名な作品

朝起きたら突然虫になっちゃうっていうすごいストーリー
家族はその虫が主人公だと無条件に信じたり
とりあえず不思議

最後、家族が
今までずっと家族の家計を支えてきた主人公を
虫になって、稼ぐこともできなくなり
醜いからだでということを理由に殺そうとしたりする
そこがすごく怖いなと思った

実際の生活がたいして虫と変わらなかったり
虫になることで人間の気持ちを忘れていったり
そのあたりも考え深い

ただ、やっぱり謎な話だ

ちなみに、著者いわくこの作品は失敗作らしい
時間が足りなかったのが原因らしいが
もし時間があったらどんな作品になっていたのか
そのあたりがとても気になる




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/20 17:49] books | TB(0) | CM(0)

065 未来社会をつくる女性の経営マネージメント ★★★☆☆ 

未来社会をつくる女性の経営マネージメント未来社会をつくる女性の経営マネージメント
(2006/04)
金谷 千慧子

商品詳細を見る

あまりおもしろくなかった
女性の地位がどう変化してきたのか
会社で女性の能力がどう反映されるべきなのか
そのあたりが参考になった



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/19 17:52] books | TB(0) | CM(0)

064 バリュー・クリエーター ★★★★☆ 

バリュー・クリエーター―人材と組織の価値創造を実現する (ミシガン大学ビジネススクール)バリュー・クリエーター―人材と組織の価値創造を実現する (ミシガン大学ビジネススクール)
(2001/08)
アンジャン・V. セイカー

商品詳細を見る

どう価値創造をするかについての本

すばやく決断すること
イエスマンにならず意見をはっきり言える場にすること
部門ごとの争いをなくすこと
会社の戦略を理解すること
コミュニケーションを図ること

このようなことが重要だということがわかる
けっこう難しめな気がしたが
実践編とか、会社の例とかが多く参考になると思う



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/18 00:00] books | TB(0) | CM(0)

063 上司を演じる技術 ★★☆☆☆ 

上司を演じる技術―誰も教えてくれない超実践的リーダー心得上司を演じる技術―誰も教えてくれない超実践的リーダー心得
(2006/04)
梅森 浩一

商品詳細を見る

すごく簡単に読める本

金持ち父さんを読んだばっかりで
かなりギャップがあった
金持ち父さんの考え方を支持する人にはおすすめできない

今現在、上司という立場でどうしたらうまくいくだろうと思ったり
これから上司になるという人にはいい本なんだと思う

きっと将来就職することはあるだろうし
そのときに活用することはできるのかなと思った
ただ、これだけを身に着けても意味がないんじゃないかなと
私は思う



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/16 17:55] books | TB(0) | CM(0)

062 金持ち父さん貧乏父さん ★★★★★ 

金持ち父さん貧乏父さん金持ち父さん貧乏父さん
(2000/11/09)
ロバート キヨサキ

商品詳細を見る

今までもってた世界観と違う部分もあり
戸惑いもなったが
この本の大半がためになると思う

まず1つ勉強になったのが
金持ちはお金のために働かないってこと
それから、前に聞いたことある話と関連してて
なるほどと納得したのが学ぶために働くっていうこと

それからあーそうだなぁと思ってしまったのが
いそがしいことを理由に怠ける
人に教えることを拒む
自分の投資を後回しにすること
どれもが金持ちから遠ざかる原因であり
多くの人がやりがちなことだと思った

このへんを頭において
もっと勉強してみようと思う



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/15 17:56] books | TB(0) | CM(0)

061 「頭がいい人」が武器にする 1分で話をまとめる技術 ★★★★☆ 

「頭がいい人」が武器にする 1分で話をまとめる技術「頭がいい人」が武器にする 1分で話をまとめる技術
(2006/03/25)
樋口 裕一

商品詳細を見る

話をする上でどこに注意すべきか
そのあたりを学べる本
短くまとめられることがいい
理由は3つと先に提示すること
自分の意見を磨くこと
そのあたりがとても興味深かった

ちょっと気になったのが
3章でいってたことが少し矛盾してるのではないかということ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/13 17:58] books | TB(0) | CM(0)

060 無印良品VSユニクロ ★★★☆☆ 

無印良品VSユニクロ―小売りを塗り替えるSPA戦略のすべて無印良品VSユニクロ―小売りを塗り替えるSPA戦略のすべて
(2000/09)
溝上 幸伸

商品詳細を見る

ユニクロも無印も今は知る人がいないのではないかという
有名な企業

ユニクロはかなり利用してたし
最近、無印の商品を購入した

安いから品質がよくないんでないかとか
そういうネガティブなイメージが大きかったが
この本を読んで少し考え直した

ユニクロは1つの商品にしぼり
その商品で色々な色、サイズを用意し
それを大量にうることで成功している

一方無印はライフスタイルを提供し
色をつけなかったりとか
そういう無駄といっては語弊があるかもしれないが
本来の使用価値そのものだけを見た
シンプルな商品を提供することで成功している

このほかにも成功要因はあるが
ここから見ても、
ただやみくもに値段を下げているわけではないことがよく分かる

それぞれの会社がどうして急激に成功したのが
今までのことを覆すようなことを成し遂げたのか
また、まだ課題はあり成長過程であることとか
そういうことがよく分かる本



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/12 23:44] books | TB(0) | CM(0)

059 セブン‐イレブン覇者の奥義 ★★★★☆ 

セブン‐イレブン覇者の奥義セブン‐イレブン覇者の奥義
(2006/04)
田中 陽

商品詳細を見る

おもしろかった
セブンイレブンがどう成功したのか
どう生まれて
どう成長していったのかが書かれている

以前の常識を覆すような方法の模索や
米国セブンイレブンの買収などが書いてあり
へーっと思ったり

よく考えつくされた方法に
こんな裏があったんだと感心したりした

セブンイレブンの経営はすごいですね

コンビニといえばローソンと思っていましたが
セブンイレブンを見直しました



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/12 14:48] books | TB(0) | CM(0)

058 ダ・ヴィンチ物語 (上) ★★☆☆☆ 

ダ・ヴィンチ物語 (上)ダ・ヴィンチ物語 (上)
(2006/04/25)
メレシコフスキー

商品詳細を見る

なんとなくジャケットに惹かれて借りてみた本
たいしておもしろくありませんでした

内容はレオナルドの伝記といった感じで
最初のほうはレオナルドの弟子の目線で書かれていたり
レオナルドの周りで起こることなんかも書かれている
たまに挿絵があってその辺はおもしろかった
美術に興味がある人なんかはおもしろいんじゃないでしょうか



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/11 14:50] books | TB(0) | CM(0)

057 珍妃の井戸 ★★★★☆ 

珍妃の井戸 (講談社文庫)珍妃の井戸 (講談社文庫)
(2005/04)
浅田 次郎

商品詳細を見る

蒼穹の昴がおもしろかったので読んでみた
混乱にまぎれて殺された珍妃
その犯人は誰なのか
それを解き明かしていくという流れ

それぞれの章に
1人ずつ証人が登場し
そのときの状況や犯人を語るという流れなのだが
それぞれに嘘が含まれている

それは人々の嫉妬や権力などによるもので
複雑な心がよく表れている

そのような人々の心情をよむのも面白いし
ミステリーとしても大変面白い
蒼穹の昴と共にお勧めの作品


【浅田次郎の本】

前編:蒼穹の昴(4)
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-733.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-655.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C0%F5%C5%C4%A1%A1%BC%A1%CF%BA



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/06/09 14:52] books | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。