スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

014 青春の門〈望郷篇〉 ★★★★☆ 

青春の門〈望郷篇〉 青春の門〈望郷篇〉
五木 寛之 (1990/02)
講談社

この商品の詳細を見る

そろそろ見飽きたって人もいるかもしれないけど
ついに5冊目読み終わったの!
あと残り1冊
今回は信介以外の目線での話も多くて
けっこうおもしろかった
これを読んでると
人はいろんなことで悩むものなんだなって思ったりして
自分の悩みが少し軽くなるような気がする

他にも感じることが沢山あって
でも本を読んでかんじることっていうのはたぶん人それぞれ違って
それが読む人にどういう影響を与えるか
そしてどれくらい強い影響を与えるかっていうのは
全く違うんだなって
まあこんなことが少しこの本の中に出てきたりしたんだけど
いろんな本を読んで
自分の中で大事な本が見つけられたらいいなって思った



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
スポンサーサイト

[2007/02/28 22:09] books | TB(0) | CM(0)

サーティワン 

最近久しぶりにサーティワンのアイス食べた
私が一番好きなのは
ボックス・オブ・チョコレートって今の時期はないやつなんだけど
あの中に入ってるラズベリーソース入りのチョコがおいしいんだー
今ラズベリーかなんかのアイスに入ってるみたい
食べたいにゃ!!
最近食べたのはチョコミントで
あれはホントにおいしいよねー
チョコミントといえば31!
s017.jpgc021.jpg

アイスが大好きっていうのもあるし
昔バスキンでバイトしてたのもあるし
サーティワンにはすごく興味があるわけよ

で、こんな記事を読みました

不二家:サーティワン経営陣から撤退

ちょっと前まで不二家がバスキンの筆頭株主って知らなくて
びっくりだったのよー
きっと、サーティワン株手放すんだろうなぁ

って感想はそれだけで
ホントたいしたことないんだけどw

昔アメリカいったとき
なんで31じゃ通じないんだろうって思ったら
本来はバスキン・ロビンズなのよね
top_m01.gif
むこうじゃBaskin Robbinsでとおってて
たぶん他の国でもそういうとこあると思うんだけど
日本では31アイスクリームなのよねー
簡単で覚えやすいんだろうけど
どうなんだろうって疑問を抱いたりしたなー

バスキンでバイトしてからは
バスキンのが普通な気がしちゃうけど



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/02/24 07:36] foods | TB(1) | CM(0)

013 青春の門〈放浪篇〉 ★★★★☆ 

青春の門〈放浪篇〉 青春の門〈放浪篇〉
五木 寛之 (1990/01)
講談社

この商品の詳細を見る

4冊目
よくここまで進んだな
トミちゃんが好きだ
織江も少しもよくなってきて楽しいかも
信介はどんどん落ちていきますね
竜五郎さんが少し気になるところ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/02/23 23:19] books | TB(0) | CM(0)

012 青春の門〈放浪篇〉 ★★★★☆ 

青春の門〈放浪篇〉 青春の門〈放浪篇〉
五木 寛之 (1990/01)
講談社

この商品の詳細を見る

3冊目ですね
主人公がどんどん変わっていく様子が見られます
竜五郎さんがどうなったのか
そして織江がどうなっていくのか気になるところ
どうも織江は好きになれないなー



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/02/20 21:01] books | TB(0) | CM(0)

ぶり大根 

お待ちかねの写真ですw
ぶり大根。
あーまた作りたい!
DCF_0035.jpg





にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/02/20 20:04] foods | TB(0) | CM(2)

011 青春の門〈第2部 自立篇〉 ★★★★☆ 

青春の門〈第2部 自立篇〉 青春の門〈第2部 自立篇〉
五木 寛之 (1989/12)
講談社

この商品の詳細を見る

こないだの続き
2番目です
長い話だけどわーっと読めちゃいます
最初の話のほうがおもしろかったかなぁ
どうも織江が好きになれなくて…
今後どう話が展開していくのか楽しみ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/02/13 20:48] books | TB(0) | CM(0)

Movie002 幸せのちから 

幸せのちから コレクターズ・エディション幸せのちから コレクターズ・エディション
(2007/07/25)
ウィル・スミス.ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス.タンディ・ニュートン

商品詳細を見る


幸せのちから見てきました♪

81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何より大切に思うクリス・ガードナーは、新型医療機器を病院に売り込む日々。しかし大量に買い込んだ機器は滅多に売れず、家賃も払えない生活が続いていた。そんなある日、彼は高級車から降りた男に成功の秘訣を尋ねたことをきっかけに、証券会社の養成コースに通うことを決意する。受講者に選ばれるように、クリスは人事課長のトゥイッスルへ自己アピールするのだが…。

ウィル・スミスの映画
息子のジェイデン・クリストファー・サイア・スミス が出てて
ジェイデン君はめちゃくちゃ演技うまい!!
すごく自然で表情がすごい

映画自体はぼちぼちってことでしょうか
宣伝で聞いてたほど感動はしませんでした・・・
息子とのやりとりとか
クリスのユーモアあふれるセリフはとてもおもしろくて
作品としてはよくできてたけど
とにかく感動しなかったから残念だなぁ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/02/13 20:44] movies | TB(0) | CM(0)

010 こんとあき ★★★★★ 

こんとあき こんとあき
林 明子 (1989/06)
福音館書店
この商品の詳細を見る

『こんとあき』って小さい頃大好きな本だったんだよなー
きつねのこんがかわいくて
ぬいぐるみが大好きな子だったから
きつねのぬいぐるみがしゃべってていいなーなんて思ってたんだよね
ホントなつかしいなー

調べてたらこれ、英語版もあることを発見

こんとあき (英語版) ―Amy and Ken Visit Grandma (with CD) こんとあき (英語版) ―Amy and Ken Visit Grandma (with CD)
林 明子 (2003/11/07)
アールアイシ出版
この商品の詳細を見る

こんがKenになってる!
あきがAmyになってる!!
えーー!!
やだやだ
こんはこんだもん!
Kenなんかじゃないもん
きつねっぽくない(o_ _)ノ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/02/06 22:58] books | TB(0) | CM(2)

009 青春の門〈第1部 筑豊篇〉 ★★★★☆ 

青春の門〈第1部 筑豊篇〉 青春の門〈第1部 筑豊篇〉
五木 寛之 (1989/12)
講談社

この商品の詳細を見る

小説読みたいなと借りた本
久しぶりの長編かな
どちらかといえば男性向きの本でしょう
でも、引き込まれるようにして一気に読めてしまう
感情表現がとても豊かでおもしろい
登場人物の熱い気持ちが伝わってくる
そんな感じの本です
本が好きな人なら誰でも楽しんで読めるでしょう



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/02/06 21:03] books | TB(0) | CM(0)

008 上司は思いつきでものを言う ★★☆☆☆ 

上司は思いつきでものを言う 上司は思いつきでものを言う
橋本 治 (2004/04)
集英社

この商品の詳細を見る

題名は面白そうだったけど
話にまとまりがなく、遠回りで
結局、解決は見出せない。
そんな感じの本だった気がする

上司のあり方を考える点ではおもしろい
上司がどうして思いつきでものを言ってしまうのか
どうしてそのような状況を作ってしまうのか
日本の上司という立場がよく分かる気がする

ただし、だからといってどうするべきか
などということはイマイチつかみづらく
もやもやとした感じが残る

儒教と上司との関連や
上司の頭のレベルはいいわけにはならない
正しい上司と愚かな部下という構図はないということ
バカにせず、バカかもしれない可能性を考慮しつつ上司と接する
という部分はとても参考になったと思う

まあ総括してみれば
イマイチってとこでしょうかね



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/02/05 18:46] books | TB(0) | CM(0)

007 名もなき毒 ★★★★☆ 

名もなき毒 名もなき毒
宮部 みゆき (2006/08)
幻冬舎

この商品の詳細を見る

誰か』の続編なのね
犯人はなんとなく読めちゃったし
推理っていう点ではそこまでだったけど
いろんな登場人物の使い方がおもしろかったかな~
最初に出てきて、あとでまた出てくるんだろうと思うけど
こんな形で登場してくるんだーって感じで

宮部みゆきの小説は楽しく読めますね
これも1日で一気に読んじゃいました
まあ宮部みゆきの推理小説の中ではイマイチかもしれないけど
十分おもしろい作品です
私は一番会長の存在が好きだったかな~
会長の発言はなかなか納得するものがあるね


【宮部みゆきの本】

前編『誰か』はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-167.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-782.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%B5%DC%C9%F4%A1%A1%A4%DF%A4%E6%A4%AD




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/02/04 22:30] books | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。