スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

020 輪違屋糸里 上 ★★★★★ 

輪違屋糸里 上 輪違屋糸里 上
浅田 次郎 (2004/05/27)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

浅田次郎の新撰組のお話
浅田次郎が好きでも、新撰組が好きでも
楽しめる本だと思う
ついつい夢中になって電車乗り越したり
読むのやめられなくなったりって
あっという間に読めちゃった
下巻が楽しみ
この忙しいときにまずいねw


【浅田次郎の本】

下巻はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-490.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-655.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C0%F5%C5%C4%A1%A1%BC%A1%CF%BA



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
スポンサーサイト

[2007/03/30 16:26] books | TB(0) | CM(0)

019 詭弁論理学 ★☆☆☆☆ 

詭弁論理学 詭弁論理学
野崎 昭弘 (1976/01)
中央公論新社

この商品の詳細を見る

議論を楽しむにはどうしたらいいのか
詭弁にはどのようなものがあるのか
そんなことが書かれている本です
クイズのように論理の罠を探る問題があるのはおもしろかったけど
だから何が言いたいのかなというか
色々な例がひたすら出ていて
特に議論が楽しめるようになるとは思えない
最初のほうにあった強弁に関しては
自分でも実際にしたことがあったり
してる人がいるのを思い出したりと
楽しめる部分があったが
実際これを読んだからといって何かが変わるとは思えないかな



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/03/29 05:00] books | TB(0) | CM(0)

018 ディズニーランドの接客サービス ★★☆☆☆ 

ディズニーランドの接客サービス―ディズニー商法がわかると、商売で本当に大切なものが見えてくる ディズニーランドの接客サービス―ディズニー商法がわかると、商売で本当に大切なものが見えてくる
河野 英俊 (2003/08)
ぱる出版

この商品の詳細を見る


ディズニーランドの接客サービスにはどんなよい点があり
それがディズニーランドの抜群の集客力を生んでいて
それを他の会社がどう利用すべきか
ディズニーランドのノウハウを学び
それを自分の会社の経営に活かし
集客力をあげることにつなげようって
そういうコンセプトでかかれた本
 
わかりやすい言葉で
ディズニーランドの集客のための努力が書かれてあって
知らなかったことも多く
感心することもあった
図解も多く、読む人の気持ちをよく考えた本でもあり
もしこれでプレゼンがあったら分かりやすいんだと思う

ただ本に関して言えば
内容が薄いという印象を受ける
もっと経営に関して深く掘り下げた話がない限り
ディズニーの集客力の秘密を
他の企業が利用することにはなかなかつながらないのではないか
そんな感じがした

この本で訴えてるのはお客の気持ちをよく考えること
比較的当たり前のことしか書かれていないように思う



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/03/20 07:32] books | TB(0) | CM(0)

017 スープで、いきます ★★★☆☆ 

スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作る スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作る
遠山 正道 (2006/02/23)
新潮社

この商品の詳細を見る


ずっと読みたかったんだけど
ついに読みました

裏にこんな努力や失敗があったんだなっていうことや
経営に必要なこと
売り上げについての考え方など
学ぶことが沢山あったと思う

この人の人を惹きつける力と
発想力、そして情熱の強さには脱帽だ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/03/17 09:07] books | TB(0) | CM(0)

Movie005 硫黄島からの手紙 

硫黄島からの手紙硫黄島からの手紙
(2007/12/07)
渡辺謙、二宮和也 他

商品詳細を見る


見てきました
最近映画続きだ~!!

久しぶりに名作に出会いました
ほんとにいい映画

感動して泣きました

二宮君は演技がうまかった
表情がすごくて引き込まれるものがあった

ひとつ残念なのは残酷なシーンが多かったこと
慌てて目をそらしました

とにかく、見てない人はDVDで見るべきかと
戦争の状況が非常によく描かれてて
パールハーバーとか今までの映画のように
偏見に満ちたものではなく
安心して見られる映画ではないかと思う

様々な人の感情と
戦争による悲しい現実が
心の中に染み込んでくるような感じで
家族からの手紙のシーンや
人が次々と死んでいくシーンでは
戦争の残酷さを感じ
戦争はしてはいけないんだって感じさせられました

これは日本から見た硫黄島で
アメリカから見た硫黄島もあるわけなんだけど
その『父親たちの星条旗』もみてみたいなと思う


父親たちの星条旗 (特別版) 父親たちの星条旗 (特別版)
ライアン・フィリップ (2007/05/03)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/03/17 08:32] movies | TB(0) | CM(2)

Movie004 ディパーテッド 

ディパーテッドディパーテッド
(2008/01/25)
レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン 他

商品詳細を見る


ついに見てきた
すっごく期待してたの
レオちゃんにマットデイモン
ちなみにブラッドピットがプロデュースしてるらしい

前半の騙し合いとか
セリフとかはよくておもしろかったんだけど
終わり方はひどいね

製作者の意図がさっぱり分からないし
存在意義が分からないキャラクターも多数

終わり方がとにかくよくなかった
無理やりこんな終わりかたにしたというか
なんというか

レオちゃんかマットデイモンかどっちの目線で見たほうがいいのかとか
マットデイモンの真実だとか
まあ色々気になるとこがあって
詳しく書くとネタバレになるのでやめますが
1ヶ月』byThe spineに私が気になったことの一部が書いてあったので
気になる人はココへ

これリメイクだから
オリジナルのほうみたらまた印象変わるのかな
もしかしたら私に理解できてないだけで
すごく深い話なのかもしれない

まあどっちにしろ、映画を見たって感じの充実感は得られたし
カッコいい映画なんで悪くはないかも~


インファナル・アフェア 3部作スペシャルパック【初回生産限定】 インファナル・アフェア 3部作スペシャルパック【初回生産限定】
アンディ・ラウ (2007/01/17)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/03/13 22:35] movies | TB(1) | CM(0)

016 食品の裏側 ★★★☆☆ 

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
安部 司 (2005/10)
東洋経済新報社

この商品の詳細を見る

ちょっと前に話題になった本
図書館の予約がようやく回ってきたので

ホントに衝撃を受けます
何を食べていいのか分からなくなる

スナック菓子、カップ麺、コンビニの食品
それだけじゃすまない
普通の食卓にも見られるしょうゆや塩にも含まれている添加物

白い粉によって出来上がる食品
薬品のプールを潜り抜けてきた食品

廃棄されるはずのお肉が添加物によって生き返る
添加物が沢山入った便利な食品で時間を得る
添加物の恩恵は数知れないけれど
これが与える悪影響も大きい

添加物によって子供の舌が壊され
キレる子供の原因は添加物にあるかもしれないという話もある

実は、添加物の入った材料を使うことで
手作りの家庭の料理が
コンビニのご飯よりも添加物が多い可能性があることも衝撃だった

いかに添加物に頼らない生活をするか
まずは知ること
そして手間をかけること
加工段階が低いほど添加物は少ない
家庭で料理するときも
なるべくもとの素材から手間をかけて料理することが
添加物を減らすことにつながる

もっと食生活を考え直さなければと思った



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/03/11 00:14] books | TB(0) | CM(0)

Movie003 それでもボクはやってない 

それでもボクはやってない スタンダード・エディションそれでもボクはやってない スタンダード・エディション
(2007/08/10)
加瀬亮;瀬戸朝香;山本耕史;もたいまさこ;役所広司

商品詳細を見る

久しぶりの映画かな

とっても重い映画でした

ちょっと最近の寝不足のせいで
若干寝てたんだけどw

ゆいちゃんも言ってたけど
ホント男の人は一回みたらいいと思う

被害者の女の子も
勇気を出して捕まえて
悪気があるわけじゃなくて間違えちゃって

それで間違えられたほうも被害者で
でも、証拠があるわけじゃないから
無罪を証明することはかなり難しい
そして、法廷はなかなか無罪を出さない

警察もちゃんとした捜査をしない
検察も同じ

こんなことがあっていいのかってことが
映画の中で描かれていて
とても怖いと思った

本当に男の人は気をつけてください

うっかり間違えられたら
完全に人生が狂うんじゃないかと



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/03/10 23:05] movies | TB(0) | CM(0)

015 青春の門〈第6部 再起篇〉 ★★★★☆ 

青春の門〈第6部 再起篇〉 青春の門〈第6部 再起篇〉
五木 寛之 (1990/05)
講談社

この商品の詳細を見る

ついに読み終わりました
最後まで。
長かったけど非常によいお話でした
特に最後がよかったかな
よく長い話って最後がぐだぐだになったりとか
つまんなくなってきたりするのあるけど
これはまったくそんなことがない

この本ですごく感じたのは
人にはいろんな悩みがあるんだなってこと
それが深く影を落としている場合もあれば
それを乗り越えてがんばっていく人もいる
人生には終わりがあって
その人生をどう歩むかはその人次第
人それぞれ違った人生がある。

周りのことにとらわれていく人もいれば
そうでない人もいるけど
周りの人はいつでもそばにいるわけではなく
去っていくこともある

だからこそ、自分で自分の生き方を見つけていくことが大事なんだと

今していることが
正しいことか正しくないことか
それは今に分かることではないけど
自分の思うように
後悔しないように
今をしっかり生きることが大事なんじゃないかと
そんなことを考えました

しばらく長い小説読んでたから
久しぶりに経営の本とか経済の本を読みたいなと思う所
自分で買った割りに読んでない本が実はあるので
それでも読んでみようかしら



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/03/03 23:14] books | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。