スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

033 わるいやつら 下 ★★☆☆☆ 

わるいやつら 下    新潮文庫 ま 1-9 わるいやつら 下  新潮文庫 ま 1-9
松本 清張 (1966/05)
新潮社

この商品の詳細を見る

先が気になって夜に読んじゃったんだけど
とりあえず夜に読む本ではない
表現とか不気味だったりして
けっこう松本清張の話って怖いし

内容としては『砂の器』や『点と線』に比べると
劣るなって感じ

主人公はひどいやつだし
みんな悪い人だらけでびっくりだし
最後の、警察の暴く部分の展開が速すぎて
もうちょっとじっくりやったほうがいいんじゃないかって
なんかお粗末な感じもしたけど
でも結末はよくできてるなって感心



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
スポンサーサイト

[2007/05/30 20:23] books | TB(0) | CM(0)

032 世界の日本人ジョーク集 ★★★★☆ 

世界の日本人ジョーク集 世界の日本人ジョーク集
早坂 隆 (2006/01)
中央公論新社

この商品の詳細を見る

ちょっと前に流行った本

ホントおもしろいね
日本人がこんな風に思われてるんだってことや
ステレオタイプのイメージがとてもおもしろい
かなり楽しめます



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/05/28 10:50] books | TB(0) | CM(0)

031 わるいやつら〈上〉 ★★★☆☆ 

わるいやつら〈上〉 わるいやつら〈上〉
松本 清張 (1966/03)
新潮社

この商品の詳細を見る

久しぶりの推理小説
小説ってすごい気分転換になるんだなって思った

松本清張はけっこう好き
でもこれはそこまで好きじゃないかも
世の中にこんなに悪い人っているのかな?
主人公のひどい有様に驚きが隠せないんですが

きっとこの人はどんどん悪いほうへと落ちていって
最後にはきっとつかまるんじゃないかなって
この悪さがどうやって暴かれるのかが楽しみ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/05/26 23:47] books | TB(0) | CM(0)

030 千円札は拾うな。 ★★★★☆ 

5月末で30冊って今年はだいぶ少ない気がするな
最近、電車で新聞読み出したせいで
本が読めないという悩みを抱え中

千円札は拾うな。 千円札は拾うな。
安田 佳生 (2006/01/20)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る

なかなかこの人の考え方はいいです!
自分の価値観にあった有効なお金、時間の使い方をしたいと思った

無駄に思えても、人を育てるための投資が大事っていうのが
特にいい考えだと思って
無駄だけど豊かになるお金の使い方や
思い切ったお金の使い方ができる
投資のうまい人になりたいなと思った

それから変化についていくってことの大事さも
この本では強調されていたんだけど
その変化に合わせるって言うのが
普通の人が考える変化に合わせるってことだけじゃなくて
考え方によってはすごく大事な考え方なんじゃないかって思ったりした

なかなか面白い本です
投資とかお金が好きな人には特におススメです



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/05/23 23:25] books | TB(0) | CM(0)

029 国家の品格 ★☆☆☆☆ 

国家の品格 国家の品格
藤原 正彦 (2005/11)
新潮社

この商品の詳細を見る

なんだかずいぶん前に話題になった本
なんで今頃読んでるかって言うと
2年前に図書館で予約をかけておいたら
今頃になって回ってきたっていう

2年を経てまわってきた本
なんかすごいよな

日本に対する愛情というか
古きよき日本を守れみたいな感じの本ですね

確かに、日本には欧米のほうがいいという風潮があり
日本はよくないと考える人が多かったり
情緒がなくなり、理論に走りがちであったり
この本が指摘する悪い面があるのは確かだと思った
ただ、この本はちょっと極端だね
無理にいっている部分があるから
矛盾を感じるし

確かに日本に誇りを持つべきだけど
ちょっと過大に評価しすぎだったり
場所によって主張がかわってたり
というわけであまりいいとは言えませんね



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/05/16 06:36] books | TB(0) | CM(0)

028 行動分析学入門 ★★★☆☆ 

もっとゆっくり本を読みたい
あまりにも時間がない

さて久しぶりの新書

行動分析学入門―ヒトの行動の思いがけない理由 行動分析学入門―ヒトの行動の思いがけない理由
杉山 尚子 (2005/09)
集英社

この商品の詳細を見る

やっぱ新書はいいね
ゼミ友がやたら興味を示してたな
読んでたら1年のときの授業思い出したり

あー小説が読みたい



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/05/10 22:38] books | TB(0) | CM(0)

027 地下鉄(メトロ)に乗って ★★★★☆ 

続いて読み終わっちゃった☆

地下鉄(メトロ)に乗って―特別版 地下鉄(メトロ)に乗って―特別版
浅田 次郎 (2006/07)
徳間書店

この商品の詳細を見る

最初は好きじゃないなって思ってたんだけど
最後まで頑張って読んでみたら
とても奥が深いお話で
みち子の愛する人を思う気持ちと
それから混沌とした時代を生きてきた父の変化
たぶん1回読んだだけじゃつかみ取れていないことがあるんじゃないかって思った
また機会があったら読んでみようかな
さすが浅田次郎、すごいです


【浅田次郎の本】

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-655.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C0%F5%C5%C4%A1%A1%BC%A1%CF%BA



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/05/03 11:03] books | TB(0) | CM(0)

026 竹中平蔵大臣日誌 ★★★☆☆ 

構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌 構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌
竹中 平蔵 (2006/12/21)
日本経済新聞社

この商品の詳細を見る

えっと、実は授業の参考書で
テストに役に立つだろうって読んだんだけど
前半は個人的にもおもしろかったかなーと
マスコミによって語られないことや
何も知らずに批判ばかりしている人
政策を行うことの難しさ
そんなことがひしひしと伝わってきたのでした



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2007/05/02 22:19] books | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。