スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

065 金融立国試論 ★★☆☆☆ 

金融立国試論 (光文社新書)金融立国試論 (光文社新書)
(2005/01/14)
櫻川 昌哉

商品詳細を見る

久しぶりに真面目な本。

授業の教科書ですが、新書です。
おもしろい部分は面白いけど
けっこう意見が偏っている気もする。

私の考えも偏っているところがあるから
けっこう反発しながら読んだりして。

まだ、あまりすべてを飲み込めていないと思うかな。
ただ説明がけっこう分かりやすくて
あいまいに覚えていた用語とかがしっかりわかって良かったと思う。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
スポンサーサイト

[2008/04/30 23:19] books | TB(0) | CM(2)

Movie015 ロミオとジュリエット 

ロミオとジュリエットロミオとジュリエット
(2006/04/21)
オリビア・ハッセー、レナード・ホワイティング 他

商品詳細を見る

ひさしびりに見ました

いつ見ても悲しい。
ふたりがうまくいくことはないのかって。

ジュリエット役のオリビア・ハッセーはほんとにかわいくて
こんな子はなかなかいないんじゃないかって。

やはり名作はいつ見てもすごいですね。
もう見るのは5回目とかなのに
まったく色あせず。
さすがです。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/27 00:40] movies | TB(0) | CM(4)

Movie014 ステルス 

ステルス デラックス・コレクターズ・エディションステルス デラックス・コレクターズ・エディション
(2007/05/30)
ジョシュ・ルーカス、ジェシカ・ビール 他

商品詳細を見る

またまた、テレビで放映されていた映画です。

これは映画館でみたほうが面白いかもしれませんね。
とにかく迫力がある
そういう話なんで。

もちろん、字幕なし英語でみたため
話を完全に理解しているかといわれると怪しいものがありますが
一応だいたいはつかめました。

あらすじを聞いて
最初いだいていたイメージとは違い、
後半はとんでもない展開で
どこまで広げるんだか
どこまで過激にするんだか
びっくりしました。

だけど、終わり方はきれいでよかったと思う。
あそこまで広げておいて、
尻切れトンボになるかと心配したけれど
いい終わり方で安心しました。

中身はきにせず洋画の迫力を楽しみたい人にはおススメです。
映像はなかなかよくできてるし。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/26 00:15] movies | TB(0) | CM(0)

064 ナイフ ★★☆☆☆ 

ナイフ (新潮文庫)ナイフ (新潮文庫)
(2000/06)
重松 清

商品詳細を見る

けっこうこの本は評判がいいようですが、
私の評価は低めです。

なぜなら、ちょっと過激すぎる気がするから。

もしかしたら、それが現実なのかもしれない。
でも、読んでいて私にはきつかった。
そこまで書かなくてもって思ってしまう。

その感想自体、現実から目を背けたいという私のエゴなのかもしれない。

幸い私は、このようなイジメに立ち会ったことはない。
だから、この本を読んで、現実だと思えないだけかもしれない。

ただ、もしこういう問題があるときに、
親がもつエゴ
大人のもつエゴ
というのが必ず出てくるのだろうし、
この本を読んでいて、そのエゴがどんなに、いけないことかも実感した。

そういうきれいごとでは片付けられない
心の深い部分をえぐる
いい作品ではあると思います。


【重松清の本】

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-847.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%BD%C5%BE%BE%A1%A1%C0%B6



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/25 00:07] books | TB(0) | CM(0)

Movie013 ファインディング・ニモ 

ファインディング・ニモファインディング・ニモ
(2007/06/20)
アルバート・ブルックス、エレン・デジェネレス 他

商品詳細を見る

テレビでやっていたので久しぶりに見ました。

最近、英語の勉強になるかなって思って
テレビでやってる映画を英語でみてるんだけど
特にアニメは分かりやすくてよいかなと。

で、見てみた結果
実際に聞けたのかは謎。
だって、話知ってるんだもんw

久しぶりに見た感想はこんな幼稚っぽかったっけって。
でも、映像はすごくきれいで
ここまで海の様子をうまくCGで描けるんだって感動。

最後のマーリンがシドニーの文字を頼りに
ニモを思い出すところは素敵ですね。

一辺倒にただ助けるだけでは終わらない
そのあたりが、よりいいディズニー映画ともいえるでしょう。

個人的には、ギルが好きです。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/24 00:30] movies | TB(0) | CM(4)

063 今さら聞けない2つの違い ★★☆☆☆ 

今さら聞けない2つの違い今さら聞けない2つの違い
(2005/09)
言葉の違い研究会

商品詳細を見る

知ってることも
知らないこともあった。

でも痒いところに手が届く
そんな面白いチガイっていうのはなかった気がする。

ついつい見てしまう雑学のクイズ番組
それには一歩劣るが
日々気になるチガイの解決に
読んでみるのもいいかもしれない。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/23 00:29] books | TB(0) | CM(0)

062 ビタミンF ★★★★☆ 

ビタミンF (新潮文庫)ビタミンF (新潮文庫)
(2003/06)
重松 清

商品詳細を見る

就活が終わると、確実に本を読むスピードが落ちました。
たぶん数日後には2日に1度の投稿になる恐れがあります。

さて、けっこうお気に入りの重松清さんのお話。

これはいいですよ!
お父さん、必見です。

ビタミンF。
実在しないビタミンではあるけれど、
このFには家族、父、友達・・・
いろんな意味が込められています。

私はこの本を読んでいて、
いろいろなお父さんの気持ちをを感じました。

もちろん、私は逆の立場からそれを見ているわけだけど
もし、お父さんの立場に立ってみたとしたら
そういう感情を味わうのかもしれない。

本当にこの作者は人の気持ちを書くのがうまい。
今までは子供の気持ちを書いたものが多かったけれど、
ここでは子供に加えて、親の視点が加わるから。

一つ気になったのは、どうしてこんなにイジメを取り扱うんだろうって。
いろんな種類の、
でも間違いなく実態をとらえたであろう
イジメが描かれていた。

私も、きっと見たら、子供を助けようとしてしまう。
それでもセッチャンに出てくるように
実は知られたくないで戦っている子供もいるんだって
確かにそうだよなって
気付かせてくれました。


【重松清の本】

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-847.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%BD%C5%BE%BE%A1%A1%C0%B6



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/22 23:50] books | TB(0) | CM(0)

061 走る家 ★☆☆☆☆ 

走る家走る家
(2007/11/28)
唯野 未歩子

商品詳細を見る

良さがあまり、分からなかった・・・

男性と女性の微妙な関係がうまく描かれている部分は
おもしろかったけど、
この方の世界観はあまり私には分からないなぁ。

一応最後まで読んだけど、
残念かな。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/21 07:31] books | TB(0) | CM(2)

Movie012 アンフェア 

アンフェア the movieアンフェア the movie
(2007/09/19)
篠原涼子

商品詳細を見る


見るのは2回目です。

かなりおもしろい。
2回目でも、新鮮さが失われないって思う。

これはドラマの続編なので、
見た事がない人は、ドラマから見ることをお勧めします。
登場人物とかが、ちゃんと前のとつながっているので。

この映画の楽しみは
次々と裏切り者が現れて
でも、それが想像しにくいところです。

こいつが裏切りものだって思ってたら
違ったり
でも、ホントは裏切り者だったり

とにかくよく描けていると思う。

そして美央ちゃんと雪平のシーンなんかはよく描かれているし
成宮が「お兄ちゃんとはもうさよなら」だって、去っていくシーンがすごく切なくて好き。

最後に現れる、映画では明かされない裏切り者?は誰なんでしょう。
私の見解では・・・
と思いますが。

さらなる続編が作られたりしないかな~


~内容(Amazon.co.jp)~
2007年3月に公開された、篠原涼子主演の傑作ミステリー。共演は、椎名桔平、成宮寛貴、江口洋介ほか。大好評を博したテレビドラマを映画化したもので、本編では女刑事・雪平夏見の孤高の戦いが描かれている。殺伐とした警視庁で一匹狼のごとく難事件に挑んでゆく雪平は、けだるいイメージの中に颯爽としたシャープさを併せもつ篠原のハマリ役。“正義だけではない”暗部を抱える警察組織や、それぞれの思惑で立ち回る関係者など、複雑に交錯した事情や駆け引きの裏を読み解きながら物語を追うと、より一層楽しめる。人間ドラマとしての側面もあり、奥行きが感じられる作品。――暴漢が乱入した警察病院。激しい銃撃戦の末、人質は解放されたが、ただ一人雪平の娘だけが取り残された。単身、娘の救出に向かう彼女を待つものは?(みき~る)


前回の記録はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-574.html




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/20 11:54] movies | TB(0) | CM(8)

060 ダカフェ日記 ★★★★☆ 

ダカフェ日記ダカフェ日記
(2007/07/04)
森 友治

商品詳細を見る

ブログのダカフェ日記、いつもみています。

というわけで、本というか写真集も読んでみました。
森さんの写真はもちろんステキなんですが、
それに一言つけられている言葉がとても好きです。

よくこんなステキな表情が撮れるなって思ったり
特にワクチンくんがクッションに埋められている写真や
自然の中での写真が好きです。

是非、みてみてくださいな。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/19 00:09] books | TB(0) | CM(0)

Movie011 フライトプラン 

フライトプランフライトプラン
(2006/05/24)
ジョディ・フォスター、ショーン・ビーン 他

商品詳細を見る

かなり微妙。

お母さんがあんなにすごいのもビックリだし、
やりすぎでしょ・・・って思いました。

それから、犯人も分かりやすい。
間違いなく乗務員が絡んでるよなって最初からわかったし。

犯人がバレたら終わりはあっけないし。

まあ、搭乗記録までがすべて消されているっていう展開だけはおもしろかったけど。
たぶん、面白かったのはそれだけ。


~あるすじ(アマゾンより)~
夫の突然の死という悲しみの中、航空機設計士のカイル(ジョディ・フォスター)は、6歳の愛娘ジュリアとともに故郷ニューヨークへと飛び立った。夫の棺を乗せて離陸したそのジャンボジェット機は、カイル自身が設計した最新鋭の旅客機。機内で数時間の眠りから覚めた彼女は、娘の姿が見当たらないことに気づく。高度1万メートルの上空で、ジュリアは跡形もなく姿を消したのだ。愛する娘を必死で探すカイル。だが、同じ飛行機に乗り合わせた乗務員、乗客の誰一人としてジュリアを見た者はいない。いつの間にかジュリアの痕跡は完全に消し去られ、荷物や航空券はおろか、搭乗記録さえ存在しないのだ!いったい何故?容疑者は400人を越える乗務員と乗客すべて。手がかりはゼロ―。だが、カイルには娘への限りない愛と、最新鋭旅客機システムに関する豊富な知識があった。見えざる邪悪な陰謀に立ち向かうため、カイルのたった一人の戦いが始まった。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/18 11:44] movies | TB(0) | CM(4)

059 嘘をもうひとつだけ ★★☆☆☆ 

嘘をもうひとつだけ嘘をもうひとつだけ
(2000/04)
東野 圭吾

商品詳細を見る

短編集

私は、あまり好きではかったかな。
ストーリーの展開がほとんど同じような感じがしたし、
あまりあっと驚く展開がなかったから。

最初の話は比較的よくできていた気がしたけど
後ろのほうにいくにつれてがっかり。

ただ、すべてを読んだ今、
この本の題名はすごくいいなと思った。



【東野圭吾の本】

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-842.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C5%EC%CC%EE%A1%A1%B7%BD%B8%E3



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/17 22:10] books | TB(0) | CM(4)

058 生き方 ★★★☆☆ 

生き方―人間として一番大切なこと生き方―人間として一番大切なこと
(2004/07)
稲盛 和夫

商品詳細を見る

これも『鏡の法則』つながりです。

この本は京セラの創始者、稲盛さんが書いた本。
決していばることもなく、何が大切なのかを諭してくれます。

私達は、実用書を読むときなど
ついついスキルなどに走りがちだと思います。

もちろん、成功者の話にはヒントが隠されていたり
そういう話を聞くことは勉強になるのだろうけど
それ以上に大切な姿勢があることを、この本は教えてくれます。

大切なのは人間として持たなければいけない気持ち。
そして成功を願う心。

ツイていたから
運がよかったから
そういうことではなく
自分の気持ちの強さが成功を呼ぶ

そしてその時には、人間として正しいことをしていなければいけない。

成功だけを願って
人間として外れたことをするようでは未来はない

そのようなことを、教えてくれました。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/16 22:10] books | TB(0) | CM(0)

057 B型自分の説明書 ★★★★☆ 

B型自分の説明書B型自分の説明書
(2007/08)
Jamais Jamais

商品詳細を見る

笑える。

私はB型ではないけれど、
友達にはけっこうB型が多い。

この本を読んでいると自分にあてはまることもあれば、
B型の友達にあてはまることもある
そして、B型の友達にあてはまらないこともある。

とりあえず、
書いてあることがB型の友達にあてはまると
その光景が目に浮かんで
笑える

挿絵が、手抜きっぽいんだけどおもしろい

書いてあることがおもしろい。

たぶんB型の人向けの本なんだけど
もしかしたら、他の血液型の人が読んだほうがおもしろいのかもと思った

一人でニヤニヤ
怪しい人でした。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/15 22:11] books | TB(0) | CM(2)

056 インストール ★★☆☆☆ 

インストール (河出文庫)インストール (河出文庫)
(2005/10/05)
綿矢 りさ

商品詳細を見る

小学生の男の子と高校生の女の子がチャットで儲ける
題材がすごくおもしろい

とても深くできるような話なのに
短くてもったいないような印象を受けた。
それは、私が長編が好きだからかもしれない。

両親ともに気付くという展開や
小学生とは思えないチャットでの会話
高校生よりも、もしかしたら大人びているかもしれない小学生
そして最後にお金がひらひらと舞い落ちる場面

けっこう面白い部分はあったのかなと思う。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/14 22:04] books | TB(0) | CM(0)

055 ドリームバスター 4 ★★★★☆ 

ドリームバスター 4 (4)ドリームバスター 4 (4)
(2007/05)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

すごく楽しみにしていたのに
もうすでに発売していたのに気付かなくて

図書館にいったら、ちょうどおいてあったので
喜んで借りてきました。

前の巻に比べてテンポのよさが、なくなったと思います。
扱うことが大きくなって、それだけを描いているからでしょう。

自分で自分を責めたり
マイナス思考になっていたり
きっと誰でもそういう自分がいるのではないかと思う。

時間鉱山では、臨死状態にあるヒロム、キエ、ユキオを救うために
シェンが尽力する。
行方不明となっていたマッキーとも出会い
生へと続く道を進む。

そのときに出てくる妨害は
それぞれの人が抱える闇の部分。
それを乗り越えたとき、人は強くなって生きられるのだろう。

怖がっていることや
嫌だと思うことは、
本当に人それぞれで
他の人にとって見ればどうでもいいことなのかもしれないのに
こだわっていたりする。

それを受け入れ
乗り越えることができるかが大事なんだなと思った。

ちょうど最近読んでいる本の流れで、考えさせられる部分が多かったけど
1~3巻よりおもしろみは減ったような気もします。



【宮部みゆきの本】

前の巻はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-170.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-782.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%B5%DC%C9%F4%A1%A1%A4%DF%A4%E6%A4%AD



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/13 00:35] books | TB(0) | CM(0)

054 流星の絆 ★★★★☆ 

流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る

東野圭吾さんらしい結末だったと思います。

しっかりと心情が描かれていて
単純ではない
読み応えのある作品。

洋食屋を経営する両親を殺された3人兄弟。
彼らは力を合わせ、犯人への復讐を誓う。
そんな中、見つけた容疑者の息子に末っ子の妹が恋をする。

納得のいく結末。
ただし、『白夜行』や『幻夜』のような、どろどろした部分はあまりない。
ちょっとすんなり行き過ぎかなっていう印象を受けたので
東野圭吾さんの本の中では5位くらいでしょう。



【東野圭吾の本】

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-842.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C5%EC%CC%EE%A1%A1%B7%BD%B8%E3



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/12 23:25] books | TB(0) | CM(0)

053 ゆるすということ ★★★★☆ 

ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない (サンマーク文庫)ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない (サンマーク文庫)
(2006/06)
ジェラルド・G. ジャンポルスキー

商品詳細を見る

許すとことは相手のためにすることではない。
自分のためにすることである。

許さず、恨むこと。
自分が過去にとらわれていて、苦しむだけである。

許すことができれば、楽になれる
自分に幸せが舞い込んでくる。

そういうお話です。

これも鏡の法則で紹介されていた本です。
読む順序は、夢をかなえる「そうじ力」を読んでからがいいと思う。
ぱっとこの本を読んで、受け入れられるかどうかは疑問だから。

三浦綾子さんの本を読んで
私は人を許すことについて深く考えました。

それでも、実践はできていなかったと思います。
恨むというほどでなくても、小さなことで許すことができていなかったり
つい他の人のせいにしていたり
運のせいにする。
さらに、過去の自分をせめていたり。

それを全て受け入れて、許すことができれば
本当に楽になれます。

過去の自分をせめていれば
今の自分に完全に自信をもてない。
そして、それはいい結果を生まない。

私はそう思う。

だからこそ、許すことは大事なことなんだなと。

苦しいことがあっても、それは次への大きなステップだと思う。
そのときは本当につらいかもしれない。
嫌かもしれない。
もちろん、落ち込むことは人間である限り避けられないだろうけど
そこから這い上がることで、大きく成長できると感じた。

三浦綾子さんの本に出てくるような
できた人間には私はなれないと思う。
でも、自分のために許すという行為ができる人で居続けたいと思った。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/11 00:15] books | TB(0) | CM(4)

052 夢をかなえる「そうじ力」 ★★★★★ 

人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」
(2005/07/23)
舛田 光洋

商品詳細を見る

本当に感謝の一言です。

いい時に、この本に出会いました。
であったきっかけは鏡の法則です。
この本の中で是非読むべきだと紹介されていて
さっそく図書館でかりてみました。

就活で落ち込んだり、ふさぎこんだりしている私の気持ちを大きく変えてくれまいた。
その時の私の心はマイナスでいっぱい
確実にそうじが必要でした。

部屋を片付けたり
くつを磨いたり
スーツをもっときちんと手入れしたり

そんな中で気分が落ち着いてきて
そして心の中が輝きはじめた気がしました。

自分に自信が持てて
周りに感謝できるようになって
落ち込んで自分のせいにしたり、相手のせいにしたり
そういうのをすべて乗り越えることができました。

そしたら、この本で書いてあるように良いことが舞い込んできて。
偶然に過ぎないかもしれないけれど
やはり、自分の心がプラスへ動いた効果というのを実感できました。

これが全ての人にあてはまるとは思いません。
でも、ふさぎこんで、
もう嫌だ
もうダメだ
って思っている人がいたら是非読んでみてほしい。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/10 00:06] books | TB(0) | CM(4)

051 ミスキャスト ★★★☆☆ 

ミスキャストミスキャスト
(2000/11)
林 真理子

商品詳細を見る

女性が男性の気持ちを書くという点ですごくおもしろかった。
女性の身からしてみれば、なんてやつだって感じがするけれども
結末はやはり女性ならではなのだろうか。

こういう男性って世の中にいそうだなって思うけど
男性の気持ちって実際はどうなのかなとも思った。
主人公のような人だらけだったら世の中おわりそうだし。

あと、女性もけっこう怖いよなーって。
意外と無責任なところがあるのかな。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/09 00:47] books | TB(0) | CM(0)

050 我らが隣人の犯罪 ★★☆☆☆ 

我らが隣人の犯罪 (文春文庫)我らが隣人の犯罪 (文春文庫)
(1993/01)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

これも短編集です。
前の『人質カノン』と同じように浅いという印象をうけました。
まだ、こちらのほうがいいかな。

一番よかったのは「気分は自殺志願」で、
味覚障害に陥り自殺願望を抱く男の人生を
どうかえていくかという話。

予想もしない方法で
うまいこと対立するオーナーを手玉にとり・・・


短編集はすごく気軽に読めるのでいいですが
これは、ちょっと表現がストレートすぎるというか
過激な感じがするし
露骨な事件という印象があるため
あまりおすすめしません。


【宮部みゆきの本】

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-782.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%B5%DC%C9%F4%A1%A1%A4%DF%A4%E6%A4%AD




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/08 08:28] books | TB(0) | CM(0)

リスト あさのあつこ 

【あさのあつこの本】

バッテリー(1) http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-775.html
バッテリー(2) http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-775.html
バッテリー(3) http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-775.html
バッテリー(4) http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-561.html
バッテリー(5) http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-561.html
バッテリー(6) http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-778.html
ラスト・イニング http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-841.html


一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%A4%A2%A4%B5%A4%CE%A1%A1%A4%A2%A4%C4%A4%B3



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/07 11:37] books | TB(1) | CM(2)

049 ハル2 ★★★☆☆ 

ハル 2 (2)ハル 2 (2)
(2007/11)
クォン デウォン

商品詳細を見る

ハル 哲学する犬』の続編。
蓮池さんが翻訳し、絵がとてもかわいい本です。
たぶん前編は話題になっているようで
よく検索サイトから、この本を検索されてこのブログにたどりつく人もいるようです。

さて。
前編に比べたら、そこまでよくなかったと思います。
前編のほうが優しく、自然とはいってくる印象を受けたから。

過去の偉大な言葉を引用し
クォンさんが詩を書くといったコンセプトです。

中には4つか5つくらい気に入ったものがあり
これは教訓として大切にしていきたいなと思いました。


前編はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-131.html



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/07 00:27] books | TB(0) | CM(0)

048 人質カノン ★☆☆☆☆ 

人質カノン (文春文庫)人質カノン (文春文庫)
(2001/09)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

短編集です。

これは、私はいい評価をつけられないと思った。

素人が偉いこといって、という感じだろうが、
なんとなく浅いという印象を受けた。
もちろん、宮部みゆきのほかの作品から受ける
すごい才能からしてみれば浅いということだが。

どれも展開が読める。
想像もつかないような結末や
心情の深さなどはあまり感じられなかったからだろう。


【宮部みゆきの本】

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-782.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%B5%DC%C9%F4%A1%A1%A4%DF%A4%E6%A4%AD




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/06 23:25] books | TB(0) | CM(0)

Movie010 All the King's Men 

オール・ザ・キングスメン コレクターズ・エディションオール・ザ・キングスメン コレクターズ・エディション
(2007/09/26)
ショーン・ペン.ジュード・ロー.アンソニー・ホプキンス.ケイト・ウィンスレット

商品詳細を見る

最近、映画ばっかりじゃんって言われてしまいそうですが・・・

じっとしているとストレスがたまる
そんな解消法として
映画はもってこいです。

あまり伝えたいことが伝わってこないような映画だったと思う。

人には善と悪があり
良いことを追求しているつもりで悪に手をそめていたり
悪を忌み嫌い、善の道へいこうとしていたのに、
いざ自分がなってみると悪に手をそめてしまう

そういう人間の難しさというのを描いています。

とはいえ、人間関係が複雑で
あのお父さんの存在の意味とか
いまいちつかめず・・・

眠いときにみたせいなのか
そこまで、おもしろいと思わなかった

なので残念。


★あらすじ「DVD NAVIGATOR」
傑作として名高い49年製作の同名作品を、ショーン・ペン、ジュード・ロウほか豪華キャスト共演でリメイクした社会派ドラマ。校舎建築に絡む不正を糾弾したウィリーは州知事に当選する。しかし彼も次第に汚職や賄賂などに手を染め始め…。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/04 00:16] movies | TB(0) | CM(4)

047 ほっとする言葉55 ★★★★☆ 

「ほっ」とする言葉55―1日24時間「ご機嫌」の法則 (王様文庫 B 83-1)「ほっ」とする言葉55―1日24時間「ご機嫌」の法則 (王様文庫 B 83-1)
(2008/03/27)
スマイル・ファクトリー

商品詳細を見る

かわいい動物の写真と一緒に
思わずほっとしてしまう言葉が書かれています。

苦しいとき、たいへんなとき
動物達が応援してくれるそんな感じの本です。

たまには勇気を
たまには元気を
たまには癒しを

そのとき、そのとき
わたしたちに必要な気持ちを与えてくれるそんな本です。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/03 07:12] books | TB(0) | CM(4)

046 「頭がいい人」といわれる文章の書き方 ★★★☆☆ 

「頭がいい人」と言われる文章の書き方──文章のうまい、ヘタはここで差がつく! (KAWADE夢新書)「頭がいい人」と言われる文章の書き方──文章のうまい、ヘタはここで差がつく! (KAWADE夢新書)
(2005/03/23)
小泉十三と日本語倶楽部

商品詳細を見る

文章系の本の中ではけっこうよかったと思います。
特に最初のほうはよかったですね

どうやってテーマをみつけたらよいのか
どのように書き進めたらよいのか
どういうシチュエーションで書いたらいいのか
そして、どう文章の練習をしたらいいのか

そういうところは大変参考になりました。
書写するのがいいっていうのも説得力があり、
なぜ小学校の頃に書写をやらされたのかも納得できたし。

最後のほうは細かい文法上の注意みたいになっていて
それはつまらなかったです。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/02 23:02] books | TB(0) | CM(0)

Movie009 unknown 

unknown/アンノウンunknown/アンノウン
(2007/07/04)
ジム・カヴィーゼル、グレッグ・キニア 他

商品詳細を見る

最近、番外編ばかりですみません。

どうしても気になっていた映画、unknown

たぶんプリズンブレイクの予告編とかで見たからだと思うんだけど
なぜか頭の中にこれが残っていて。

B級映画といわれるような
メジャーではないのだと思うんだけど
すごくよかった。

あたりです。

ほんと話がよくできてるし
考えさせられるし
わって驚くし

感心しました。


★あらすじ(「Oricon」データベースより)
錠に閉ざされた廃棄工場の中で意識を取り戻した5人の男たち。だが5人とも記憶を失っていた。分かっているのは、5人のうち2人が人質で3人が誘拐犯だということ。混乱と疑念が渦巻く中、次第に断片的な記憶が蘇ってくるのだが…。極限状況で記憶を失った5人の男たちが疑心暗鬼にかられながら繰り広げる壮絶な生き残りバトル。誰も全く予測できない未体験のソリッド・シチュエーション・スリラ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/04/02 00:43] movies | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。