スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

140 経済は感情で動く ★★★☆☆ 

経済は感情で動く―― はじめての行動経済学経済は感情で動く―― はじめての行動経済学
(2008/04/17)
マッテオ モッテルリーニ

商品詳細を見る

オープンゼミで使う本。
本屋で見てだいぶ期待していた本なので、ゼミで購入したら早速読みました。

使っている内容はすごく面白くて
例題みたいのが沢山あるのが興味を引き
自分も一緒になって、楽しめる本ではある。

ただ、いろいろな題材を盛り込みすぎている上に
一つ一つの説明が少ない。

分厚く、わーっと色々なことが入ってきた頭は混乱するのじゃないかと思う。

この中身を減らして現実に即した内容の説明をもっと付け加えれば
ほんとに素晴らしい本になるんじゃないかと思って止まない。
もったいないと思う。

それから各章の最後についている教訓というのが唐突すぎて謎である。

すごく期待していただけに
少しがっかりな本でした。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
スポンサーサイト

[2008/11/30 00:49] books | TB(0) | CM(0)

139 秘密 ★★★★★ 

秘密 (文春文庫)秘密 (文春文庫)
(2001/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る

バスが事故にあって、奥さんと娘が巻き込まれた。
奥さんが死んで。
娘が生き残った・・・
・・・はずだった。

けれど、意識が戻った娘の体には
奥さんの意識が宿っていた。

こんな現実にありえない話
他には国分太一くんが出たトキオとかでありましたが。

東野圭吾のこういう系統の話
私はすごく好きです。

こんなことに自分が巻き込まれたらどうしよって思うし
ありえっこないって思うんだけど
気付くと自分が話しにのめり込んで

主人公と一緒に怒っていたり
一緒になって悲しんでいたり。

最後はすごく切なくて。
でも、いい話だなって思えました。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/11/24 00:24] books | TB(0) | CM(0)

138 ナイチンゲールの沈黙(下) ★★★☆☆ 

ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)
(2008/09/03)
海堂尊

商品詳細を見る

最近、ストレスがたまってるんだか
どんどん本を買ってて。

さて、ナイチンゲールの後半です。

不思議で、前作ほど好きにはなれないこの作品。
でも、引きずり込まれるようにして読んでいきました。

犯人は予想通り。
それがどう隠蔽されていったのかも予想通り。
でも、びっくりしたのは真相の告白ですね。

こんな方法ありなの!?って。

この話は好きな人と嫌いな人とが別れそうな気がします。
現実主義者の人には向いてないでしょう。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/11/23 00:20] books | TB(0) | CM(0)

137 ナイチンゲールの沈黙(上)  ★★★☆☆ 

ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)
(2008/09/03)
海堂尊

商品詳細を見る

チーム・バチスタに続く第2弾
田口・白鳥コンビに加えて、今度は警察の加納という新たなキャラクターも登場しました。
私はこの加納さんはけっこう好きで。
白鳥を押さえ込むところがステキです。

同じ病院でまたも事件。
いったいどうするんだろうと思ったけど、なるほど
これなら設定としてあり得るという感じか。

病院一の歌唱力を持つ小夜。
これがまた不思議な人で。
キャラクターとしてはあまり好きではないんですがね。

そして、網膜芽腫の子供たち
目の癌だそうで、小さい子供達は眼球を摘出する手術を受けるんだとか。
この話はその心理状況をうまく書いている気がするけれど、
実際のところはどうなのか、それは当事者じゃなきゃわからないことで。

今回の話は、スマートな印象を持った前作とは違って
不思議で謎で。
あれっていう感じも隠せず。
さて、いったいどうなるのかって感じです。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/11/22 00:12] books | TB(0) | CM(0)

136 チーム・バチスタの栄光(下) ★★★★★ 

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600))チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600))
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る

なかなかいい終わりでした。
犯人この人なんだ!!って!
びっくり。
第2弾、第3弾とか出してるみたいだから読んでみようかしら



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/11/21 21:10] books | TB(0) | CM(0)

135 チーム・バチスタの栄光(上)  ★★★★☆ 

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る

ドラマをみていて、かなり面白いから
ドラマが終わる前に読んでしまおうと買っちゃいました。

文章は固めで、医療関係だから読みづらい
そして出てくる人々が感じ悪い
けど面白い。

そんな印象です。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/11/20 21:06] books | TB(0) | CM(0)

134 聖女の救済 ★★★☆☆ 

聖女の救済聖女の救済
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る

容疑者Xの献身と似たような進め方の話。
面白いことは面白いけど、そこまで好きではないかなぁ
たいして驚きがないというか
トリックはなかなか凄いものだったけど。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/11/19 21:04] books | TB(0) | CM(0)

133 ガリレオの苦悩 ★★★★★ 

ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る

これは、面白かった。
買ってしまったし。
ただ、残念だったのはスペシャルドラマで最初の2編が放送されてたってこと。
トリックと犯人が読む前から分かってしまうのは残念すぎた。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/11/18 21:02] books | TB(0) | CM(0)

132 新TOEIC TEST英文法スピードマスター ★★★★★ 

新TOEIC TEST英文法スピードマスター新TOEIC TEST英文法スピードマスター
(2006/08)
安河内 哲也

商品詳細を見る

本とはちょっとずれるけど、勉強しました。
これ、すごくいいです。
友達にすすめられたんだけど、やりやすいし。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/11/17 20:59] books | TB(0) | CM(0)

131 ドミノ ★★★★☆ 

ドミノ (文芸シリーズ)ドミノ (文芸シリーズ)
(2001/07/27)
恩田 陸

商品詳細を見る

いろいろなところで起こるすべての話がつながっていく。
恩田陸の中では分かりやすく、おもしろいお話です。
おススメ。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/11/16 20:57] books | TB(0) | CM(2)

130 堪忍箱 ★★★☆☆ 

堪忍箱堪忍箱
(1996/10)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

そこそこ面白かったけど、そろそろ飽きてきたかな
宮部みゆきは読みすぎて、もう読むのあまり残ってないし



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/11/15 20:55] books | TB(0) | CM(0)

129 沙高楼綺譚 草原からの使者 ★★☆☆☆ 

沙高楼綺譚 草原からの使者沙高楼綺譚 草原からの使者
(2005/02/19)
浅田 次郎

商品詳細を見る

前に読んだシリーズの本だったが、この類のものはあまり好きではない。
なんせ、読んだのがずいぶん前なので感想は割愛



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/11/14 20:53] books | TB(0) | CM(0)

128 AB型自分の説明書 ★★☆☆☆ 

AB型自分の説明書AB型自分の説明書
(2008/06)
Jamais Jamais

商品詳細を見る

ずいぶん書いてなかったけど、今まで読んだ本。
これは、たいして面白くなかったなぁ
なんとなく、当たってる気がしなかったのか
そもそもAB型の人が周りにあまりいなかったせいか



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/11/13 20:52] books | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。