スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

006 目のつけどころ ★★★☆☆ 

目のつけどころ目のつけどころ
(2010/01/06)
山田 真哉

商品詳細を見る

本屋さんでつい気になって買った本ですが。

黒十字法など、いまいち目のつけどころに自信がない人にとって、訓練する方法がのっていると思う。
決してすべてにうまくいくような方法には思えないけど、ちょっと行き詰ったときは試してみてもいいかもしれない。

ただ、ちょっとネーミングばかりになってしまって
中身がないように感じたのも事実。

そういった意味で、
レビューを見ていると支持している人と批判している人に大きく分かれる本でもある。

私個人としては、
せっかくいいものを持っていたとしても、
それを活かせなければもったいないわけだから
この人の目のつけどころを盗めるだけ盗んで活かしていこうと思った。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
スポンサーサイト

[2010/02/14 11:00] books | TB(0) | CM(0)

005 金貸しの日本史 ★★★☆☆ 

金貸しの日本史 (新潮新書)金貸しの日本史 (新潮新書)
(2004/12/16)
水上 宏明

商品詳細を見る

仕事の一貫で読んだ本だけど
けっこうおもしろかった。

どうして銀行ができたのか
考えたこともなかったし、銀行業務って本当に奥が深いんだなぁって

どのようにして預金がはじまったのか
どのようにして貸出がはじまったのか
思ってたよりも随分と昔にその起源があり
そして、何が本当のスタートなのかは分からない。
でも、必要とされてこの仕事が始まり
だからこそ、お客さんにとって大事だと思われ続けるように頑張っていかなきゃって思った

私個人からみれば、読んで良かったって本。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2010/02/10 22:07] books | TB(0) | CM(0)

004 マンガ 美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか? 

マンガ 美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?マンガ 美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?
(2009/03/13)
武井 宏文林 總

商品詳細を見る

前作品が好きだったので、2作目を買ってみました。
今回はシステムに重きを置いたストーリーになっており
初めて知った内容が多かったように思います。


ということで、学んだことをまとめると。

【1つ目】
システムが万能だと信じるのではなく
なんのためにそのシステムを置くのか

【2つ目】
鳥の目(全体をみる)
虫の目(詳細をみる)
魚の目(流れをみる)
この3つを使い分けることが大事。

【3つ目】
データ:単なる数値や文字や記号
情報:データに関心や目的や評価基準を付加して整理したもの
知識:情報を統合し、さらにその人の経験を踏まえてまとめたもの

データが食材、情報を料理、知識をメニューと例えている。
同じ食材でも料理の仕方でできるものは異なり、
どの情報が大切か自分の知識をもとにメニューを作っていく。

要するに、どうデータを整理するか、そして出来た情報をどう統合するかで
生まれてくるメニューは大きく変わってくる


マンガでわかりやすく読めるので
管理会計を学びたい人には面白く読めると思います♪



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2010/02/09 22:36] books | TB(0) | CM(0)

003 1分間の日記で夢は必ずかなう! ★★★★☆ 

1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~
(2009/12/10)
今村暁

商品詳細を見る

i wantで生きろ。
自分の感性に素直になる。
簡単そうに見えて難しいと思う。

これは自分本位になれということではない。
ただ、無理やり自分を抑えつけては、ガタがそのうち来るわけだし
自分に誇りを持てることで、相手のことを考えられる人間になれるのだと思う。

あと、恐れは人を委縮させる。
まさにそうだと思う。

自分が会社にいて特に最初の頃そうだった
頑張ろうとして、無理をして
いい子になろうとして、自分をつくって

でも、それに違和感を感じていて自由になれなかった。
それが生んだこと。
いくら無理して頑張っても、決していい結果はうまれなかった。

現在、無理に自分をつくることはなくなった。
型にはまった小さな自分から、本来の自由に振舞う自分に少しずつ近づいてきていると思う。

恐れはもちろんある。
そしたらそれに立ち向かえばいい。

いろいろと、考えさせてもらえて
学ばせてもらった。

とにかく、何度も挫折した日記だけど
自分の書きたいことを自由に書こうと思う。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2010/02/08 21:59] books | TB(0) | CM(0)

001、002  イノセント・ゲリラの祝祭 ★★★☆☆ 

すっかりサボっていました。

やっぱり本を読むのはいいなって思います。
仕事を始めて、読む量は明らかに減ったけど、
なるべく週に1冊は読んでいきたいと思う。

ということで、今年の目標50冊。

イノセント・ゲリラの祝祭 (上) (宝島社文庫 C か 1-7)イノセント・ゲリラの祝祭 (上) (宝島社文庫 C か 1-7)
(2010/01/08)
海堂 尊

商品詳細を見る

イノセント・ゲリラの祝祭 (下) (宝島社文庫 C か 1-8)イノセント・ゲリラの祝祭 (下) (宝島社文庫 C か 1-8)
(2010/01/08)
海堂 尊

商品詳細を見る

お気に入り、海堂さんの本です。
政治の話が入って話を難しくしすぎたような印象を受けました。
本の中に出てくる理論と理論のぶつかりあいであったり
キャラクターのセリフ回しは相変わらず素晴らしいなという印象は受けたけど
今までの作品ほど好きにはなれなかったような気もする。

もしかしたら、人の感情っていう部分は減ってしまったからなのかも。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2010/02/07 21:59] books | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。