スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

037 悪人(下) 

悪人(下) (朝日文庫)悪人(下) (朝日文庫)
(2009/11/06)
吉田 修一

商品詳細を見る

先が気になり過ぎて、ぐいぐい読んだんだけど
なんとなく救われないような気がした・・・
いったい誰が悪人なのか。
本当の悪人は誰なのか。
1つの過ちが多くの周りの人を狂わせていく。
おもしろかったけど、なんか、救われないよなぁ。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
スポンサーサイト

[2010/11/27 11:23] books | TB(0) | CM(0)

036 悪人(上)  

悪人(上) (朝日文庫)悪人(上) (朝日文庫)
(2009/11/06)
吉田 修一

商品詳細を見る

いったい犯人は誰なんだろう
それが気になって読み進めた。

どうも被害者も好きになれないし
主人公の祐一も好きになれなくて

何が面白かったのかよく分からないけど
とにかく先が気になって読んだなぁ。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2010/11/27 11:06] books | TB(0) | CM(0)

035 ストロベリーナイト ★☆☆☆☆ 

ストロベリーナイト (文芸)ストロベリーナイト (文芸)
(2006/02/22)
誉田 哲也

商品詳細を見る

竹内結子が主演でドラマ化するらしい。

話を追っていく上ではおもしろかった。
が、グロい。
そして事件の結末がありきたり。
ここまでやって、この結果かと。

だから残る印象はひたすら残酷で、虚しい。
それにつきる。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2010/11/25 22:54] books | TB(0) | CM(0)

034 キミが働く理由 ★★★★☆ 

これは今日読んだ本。
福島正伸さん著。

自己啓発系。
久しぶりに読んだなぁ。

最近いろいろと考えているわけだけど、
やっぱり会社に染まって、収益だけとか、自分たちの都合だけの
そんな人間にはなりたくないなって。

この本で一番好きだったフレーズは
「何をしていいかわからない人は、何をしてもいいのです。」

いま、ほんとに分からない。
何をすべきなのか
何をしていいのか
何をしたらいいのか

何度も何度も考えるうちに、どんどん時が過ぎて行って。

でも、このフレーズを読んだ瞬間ほっとして。
ああ、何をしてもいいんだって。

いまの私は難しい取引先を与えられて
でもすごくいい先で。

一筋縄ではいかないけど
何かできたらほんとにすごいことで、
こんな大きい先、先輩たちでもなかなか持てない先で
だからこそ、悩むんだけど

でも、きっと何をしてもいいんだなって。

たぶんそれを期待して私にこの先を与えてるんだって。

上席がいってた意味が少し分かった気もする。

少し元気が出た。
なんか、笑顔で、やってみようかなって。

悩んだら誰かに助けを求めて
少し立ち止まったら
また進んで。

そして、感謝すること忘れずに。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%9F%E3%81%8C%E5%83%8D%E3%81%8F%E7%90%86%E7%94%B1-%E7%A6%8F%E5%B3%B6-%E6%AD%A3%E4%BC%B8/dp/4806133043/ref=cm_cr_pr_pb_t



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2010/11/24 22:25] books | TB(0) | CM(0)

033 鴨川ホルモー ★★★★☆ 

鴨川ホルモー (角川文庫)鴨川ホルモー (角川文庫)
(2009/02/25)
万城目 学

商品詳細を見る

ずっとサボってたら、読んだ本が随分たまってきちゃって。
これから少しずつ、記録していこっと。

というわけで第一弾。
薦められて読んだ本なんだけど、おもしろかったなぁ。

なかなか、新しい筆者には手が出せないけど
また、一人増えたのが嬉しい。

すごく不思議な世界だけど
でも、それが不自然じゃなくて
知らず知らずに取り込まれていく
それがいい。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2010/11/24 21:14] books | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。