スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

014 貨幣の経済学 ★☆☆☆☆ 

貨幣の経済学 インフレ、デフレ、そして貨幣の未来貨幣の経済学 インフレ、デフレ、そして貨幣の未来
(2008/09/05)
岩村 充

商品詳細を見る

お金がどう成り立ってきたのか、根本に立ち返り
経済学を考える本。
そもそも、お金とはどうしてお金なのか
そこから考えるのは、視点として勉強にはなったけれど、
「簡単に書こうとして、かえって難しくしている」
そんな印象が強く。

そして、最期は電子マネーが現在のお金にとってかわるという締めくくりだけど
なんか納得できなかったなぁ。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
スポンサーサイト

[2011/01/31 07:18] books | TB(0) | CM(0)

013 中原の虹(4) ★★★★☆ 

中原の虹 (4) (講談社文庫)中原の虹 (4) (講談社文庫)
(2010/10/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る

ついに読み終わった。長かった。

かなり時代がいったりきたりして
人もたくさん出てくるから、
かなり読むのには疲れるけど
でも、超大作で読み応えアリ。

1人の主人公にスポットをあてているわけじゃないから、感情移入しにくいんだけど
脇役の人生にスポットをあてる章があったりして、
感動もある話でした。

やっぱり浅田次郎はすごいなぁ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2011/01/30 17:46] books | TB(0) | CM(0)

012 慶應幼稚舎 ★★★☆☆ 

慶應幼稚舎 (幻冬舎新書)慶應幼稚舎 (幻冬舎新書)
(2010/05/27)
石井 至

商品詳細を見る

慶應幼稚舎に入る子は空気が読めない子。
けっこう面白かったなぁ。
ただ、ブランド幼稚舎っていうのではなく、いろいろな面から説明してるので
いい本なんじゃないかなぁって思う。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2011/01/28 07:18] books | TB(0) | CM(0)

011 死亡フラグが立ちました! ★★★★★ 

死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫) (宝島社文庫 C な 5-1)死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫) (宝島社文庫 C な 5-1)
(2010/07/06)
七尾 与史

商品詳細を見る

ふざけてるけど、かなり面白いミステリー
一応ちゃんと推理小説の形になっていて
よく考えたなって感心してしまう。

それにしても、人は死にすぎかも。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2011/01/26 07:39] books | TB(0) | CM(0)

010 中原の虹(3) ★★★★☆ 

中原の虹 (3) (講談社文庫)中原の虹 (3) (講談社文庫)
(2010/10/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る

あまりにも説明が多すぎて若干苦痛を感じたりもしています。
浅田次郎っておもしろいんだけど、説明があまりにも多岐にわたり過ぎるのが難点なんじゃないかと思ってて
ただただ、ストーリーを追いたいのに
説明が多すぎて、集中しきれいないような。

でも、それにも増して
本筋はおもしろいので
やっぱり最後まで読みたいと思う。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2011/01/24 22:18] books | TB(0) | CM(0)

009 中原の虹(2) ★★★★★ 

中原の虹 (2) (講談社文庫)中原の虹 (2) (講談社文庫)
(2010/09/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る

引き続き2冊目。
読めば読むほど壮大な話で。
歴史や長編小説が好きならば、ぜひ読んでほしい。
最初は、名前とかいつの時代だとか、把握するの大変だったけど。

このまま、3巻目へ進みます。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2011/01/23 11:41] books | TB(0) | CM(0)

008 中原の虹(1) ★★★★★ 

中原の虹 (1) (講談社文庫)中原の虹 (1) (講談社文庫)
(2010/09/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る

蒼穹の昴の続編。
正確にはこの前に珍妃の井戸があるんだけど。

蒼穹の昴読んだのが随分前で、けっこう忘れてたりもして、
この話がどうつながってるんだろうってしばらく読みこめなかったけど
読んでるうちにつかめてきて、ワクワクしてきた。

張作霖がこれからどうなっていくのか、楽しみ。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2011/01/22 16:15] books | TB(0) | CM(0)

007 ルームメイト ★★☆☆☆ 

ルームメイト (中公文庫)ルームメイト (中公文庫)
(2006/04)
今邑 彩

商品詳細を見る

最初はびっくりして、なんなんだろうと思ったけど
あとはありきたり。
というか、ある本を彷彿させる。


↓こっからネタバレ















最初のつかみは非常によいが
すべて多重人格で片づけられてしまい
しかも中身はビリーミリガンにそっくりというところが残念。

これよりはビリーミリガンをお勧めする。
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-676.html






にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2011/01/21 07:20] books | TB(0) | CM(0)

006 白銀ジャック ★★★☆☆ 

白銀ジャック (実業之日本社文庫)白銀ジャック (実業之日本社文庫)
(2010/10/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る

なんとなく、結末が予想できてしまったけど
久々にワクワクする小説でした。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2011/01/19 07:05] books | TB(0) | CM(0)

005 プリンセス・トヨトミ ★★★★☆ 

プリンセス・トヨトミプリンセス・トヨトミ
(2009/02/26)
万城目 学

商品詳細を見る

とんでもない話なんだけど
名前などから歴史の深さを感じさせる
よくできた話だなぁ。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2011/01/18 22:15] books | TB(0) | CM(0)

004 鹿男あをによし ★★★★☆ 

鹿男あをによし (幻冬舎文庫)鹿男あをによし (幻冬舎文庫)
(2010/04)
万城目 学

商品詳細を見る

ドラマ見なかったけど、見とけばよかったなぁと思う。
この世界観がたまらなく好きだ



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2011/01/18 07:15] books | TB(0) | CM(0)

002、003 ハリー・ポッターと死の秘宝 ★★★★☆ 

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
(2008/07/23)
J. K. ローリング

商品詳細を見る

新年に映画を見に行ったので
なんとなく、本を読み返してみた。

改めて読んでみると
最後の結末ってとんでもないよなって思ってたけど
よく考えられていて、ロジックがちゃんと成り立っていることが分かって
すごいなと思ってしまった。

しかし、最初に比べると
よくココまで複雑にしたなって思うけど。

もはや、子供向けの話ではないような。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2011/01/16 11:37] books | TB(0) | CM(0)

001 マネジメントのためのIFRS ★★★☆☆ 

知らないではすまされない マネジメントのためのIFRS知らないではすまされない マネジメントのためのIFRS
(2010/04/23)
中島 康晴

商品詳細を見る

IFRSの概要と、IFRSがもたらす影響について
ブームに踊らされず
表面的ではなく
ちゃんとよくとらえて書かれた本だと思う。

IFRSはあくまでも投資家に情報を提供し
経営の道具に利用するものではない。

会計上の決算書とIFRSは本来別物である。

日本の会計は今IFRSに歩みよっているけれど
それは意味のないことであり
IFRSという投資家へアピールするための本を、経営に活かそうとするのも間違っている。

非常に勉強になりました。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2011/01/11 23:21] books | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。