スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

080 満月の夜、モビイ・ディックが ★★☆☆☆ 

満月の夜、モビイ・ディックが満月の夜、モビイ・ディックが
(2006/02/07)
片山 恭一

商品詳細を見る

世界の中心で愛を叫ぶを書いた片山さんの著書です。
哲学的な言葉が多く、伝えたいことはぼやっとしている感じ
最後まで、つかめずに終わりましたが、
それでも引き込まれて最後まで一気に読んでしまったので
よかったかなぁ。

「人の一生というのは、要するに生まれて死ぬこと、ただそれだけではないか」
「人は誰でも自分のなかに闇を抱えている。
 それは理解されることも、共有されることもない、自分ひとりだけのものだ。
 ぼくのなかにも、いまそうした闇の存在を感じる。
 湖に棲んでいる得体の知れない生き物を思った。
 けっしていなくなることはない。いつか忘れたころに、音もなく水面に浮かび上がってくる。」

というところが、印象に残った。
そしてこの言葉は、私が今まで触れたことのない新しい考えを生んだ。

自分をプラスにもっていこう、もっていこうとするのは苦しいことで、
闇を抱えた自分を受け止めてやるのが大事なんじゃないかと。
受け止めてやることで、落ち着いて平穏を取り戻す。

そして人生に理由をつけようとしたり、無理にすごいものにしようとする結果が、
自分を苦しめることになり、闇もきっと拡大する。
ただ生きて死ぬだけなら、その1日を大事に、真剣に生きることで、
それが生きた証になり、何かすごいものを生み出すのだろう。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
スポンサーサイト

[2012/11/28 23:27] books | TB(0) | CM(0)

079 2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート ★★★★☆ 

2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート
(2009/07/07)
長谷川 和廣

商品詳細を見る

1ページに1つ、何を心がけるべきかが書かれている
けっこう当たり前のことが多いけど
実際に企業を再生したときの話をもとに書かれているので説得力がある

この本を最後まで読んで、こんなことを感じ取った

会社も人も同じ
赤字になる会社は中にいる人が悪い方向に向かっていて、
人がうまくいかないときは、気持ちが悪い方向に向かっていて

ちょっと妥協してみたり
他にとって悪いことをしたり
小さなとこから始まった悪いスパイラルがつながって、大きく落ち込む

じゃあ、それを立ち直らせるのに、大変な労力が必要かというと、そうでもなくて
気づいたとこから、自分の動きを少し変えるだけで劇的に改善することも多い

小さなことからでも、変えていこうと思った。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/27 23:33] books | TB(0) | CM(0)

078 週刊ダイヤモンド 2012年9月22日号 ★★★★☆ 

週刊ダイヤモンド 2012年9月22日号
トップ営業マンはなぜ質問を3回繰り返すのか

の見出しに惹かれて購入
いろんな会社で活躍する営業マンの仕事ぶりが
ありありと描かれていて
面白く、そして勉強になりました!

やっぱりダイヤモンド社はいい仕事するなって
思います。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/25 20:22] diary | TB(0) | CM(0)

077 入社1年目から使える「評価される」技術 ★☆☆☆☆ 


入社1年目から使える「評価される」技術入社1年目から使える「評価される」技術
(2012/11/21)
横山 信治

商品詳細を見る

相手を好きにしなさい、
そして徹底的に気分をよくしてあげなさい
しかもそれは、本人の前だけじゃなく、
他の人に対しても。

ということで、あまり目新しいこともなく
面白くはありませんでした



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/25 12:21] books | TB(0) | CM(0)

076 円を創った男 ★★★★☆ 


円を創った男―小説・大隈重信 (文春文庫)円を創った男―小説・大隈重信 (文春文庫)
(2009/01/09)
渡辺 房男

商品詳細を見る

かなり固い勉強のお話を予想してたから、
面白い歴史小説で、楽しんで読めた(*'▽'*)
大隈重信の話を読んだのは初めてで、
外国と渡り合う度胸と、新しいものを生み出す才覚が
すごいなと引き込まれて読めた。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/24 22:01] books | TB(0) | CM(0)

075 鴨川貴族邸宅の茶飯事―恋する乙女、先斗町通二条上ル ★★☆☆☆ 

鴨川貴族邸宅の茶飯事―恋する乙女、先斗町通二条上ル (メディアワークス文庫)鴨川貴族邸宅の茶飯事―恋する乙女、先斗町通二条上ル (メディアワークス文庫)
(2012/06/23)
範乃 秋晴

商品詳細を見る


ホストのようなカッコいい執事が相手をしてくれる邸宅があり、
そこに通う女性たちをとりまく話が展開されていきます。
かなりくだらないですが、
楽しみながら読めます。

そして裏に隠された作者の意図が面白い。


ここからネタバレ











女性の王子様思考が進み、
結婚する人が減ってしまうのに対し、
政府が対策を打つという趣向はなかなかおもしろく
中には自分も改めないといけないと思う部分もあり、
女性にはぜひ読んでほしい本です。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/22 22:28] books | TB(0) | CM(0)

074 相続の法律知識 ★★★☆☆ 

いただいた税法関係の書籍ですが、
久しぶりに税法の知識に触れて勉強になりました。

相続はかなりナーバスな問題ではありますが、
やはり後に残される人にとって大事な問題
家に限ってと思っていると
大変になることはよくあるようで、
早めに対策を打っておくことで、必要のない争いを防ぐ重要性を感じました。





にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/22 22:23] books | TB(0) | CM(0)

073 弁護士の論理的な会話術 ★★★★★ 


ポケット版  弁護士の論理的な会話術ポケット版  弁護士の論理的な会話術
(2010/06/22)
谷原 誠

商品詳細を見る

さすが弁護士の先生が書いた本で、
読みやすく、分かりやすい

論理的な話し方をするにはどうしたらいいのか
例示しながら説明されているので
使ってみやすく勉強になった

そして、論理的になりすぎるのも時としては問題であり、
時と場合によって使い分ける必要性を書いており
論理に偏りすぎないバランスの良さがまた良かった




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/20 23:45] books | TB(0) | CM(0)

070、071、072 日経ビジネス ★★★★☆ 

2012年9月24日号
タブレット覇権 アップル、アマゾン、グーグル、MSが激突

2012年9月17日号
インドで売る 世界最大市場への挑戦

2012年9月10日号
日本株復活の条件 投資家なき市場の行方

日経ビジネスも読んでみましたが
自分の知らない世界で動いていることがわかって
すごくいいですね!
また買って読もうと思います。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/20 23:22] books | TB(0) | CM(0)

069 狐火の家 ★★★★☆ 


狐火の家 (角川文庫)狐火の家 (角川文庫)
(2011/09/23)
貴志 祐介

商品詳細を見る

鍵のかかった部屋シリーズの短編集です
作者が表現力豊かで
黒い牙は現実味溢れすぎて気持ち悪かったですが
総じて楽しく読めました。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/19 23:16] books | TB(0) | CM(0)

068 日経コンピュータ2012年11月8日号 ★★★☆☆ 

初めてこんな雑誌読んでみました
新時代エースの条件という特集が面白くて
IT人材にはこんなアグレッシブな人がいるんだなと
非常に感銘を受けました。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/19 23:10] books | TB(0) | CM(0)

067 キッチンぶたぶた ★★★☆☆ 


キッチンぶたぶた (光文社文庫)キッチンぶたぶた (光文社文庫)
(2010/12/09)
矢崎 存美

商品詳細を見る

ぶたぶたさんが気に入りまして、
シリーズの本を購入。
ぶたぶたさんがコックになって
また周りの人を幸せにしていくお話。
ぶたぶたさんよりはインパクトにかけたので星は3つ
でも心暖まる素敵なお話です



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/17 17:31] books | TB(0) | CM(0)

066 ぶたぶた ★★★★★ 


ぶたぶた【徳間文庫】ぶたぶた【徳間文庫】
(2012/03/02)
矢崎存美

商品詳細を見る

なんと、ぶたのぬいぐるみが話す。
ある街で普通に暮らしている!

かなり人間味溢れるぶたぶたさんが
いろんな人に幸せをもたらしていく
あったかいストーリーです。

読んでると、きっとぶたぶたの虜になります(*'▽'*)



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/15 22:16] books | TB(0) | CM(0)

065 奇跡の記憶術 ★★☆☆☆ 


奇跡の記憶術~脳を活かす奇跡の「メタ記憶」勉強法奇跡の記憶術~脳を活かす奇跡の「メタ記憶」勉強法
(2011/02/21)
出口汪

商品詳細を見る

カリスマ予備校講師の書いた記憶術の本ということで
かなり期待していましたが、
目からウロコというような目新しさはなかったように思います。

ただ丸暗記するのでは忘れるばかり。
しかり理解してから覚える
忘れそうになったところで復習して記憶を強化することが大事であると

忘れそうになったときというのが非常に重要だそうで
うまいことスケジュールを組みながら
勉強したいなぁと思いました。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/14 21:53] books | TB(0) | CM(0)

064 銀座の教え ★★★☆☆ 


99%の新人が3ヶ月で知性と気配りを身につける銀座の教え99%の新人が3ヶ月で知性と気配りを身につける銀座の教え
(2012/07/13)
日高 利美

商品詳細を見る

この本を読んで印象的だったのは
お礼は3回、
何かして頂いてすぐに1回目
次の日にメールや電話で2回目
次にあったときに3回目

ということ。
すぐには言っても、その後は忘れてしまうことが多いですが
きちんとお礼しないといけないと思いました。

人として大事なことを
教えてくれる本でした




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/14 20:41] books | TB(0) | CM(0)

061、062、063 浜村渚の計算ノート ★★★★☆ 


浜村渚の計算ノート (講談社文庫)浜村渚の計算ノート (講談社文庫)
(2011/06/15)
青柳 碧人

商品詳細を見る


浜村渚の計算ノ-ト 2さつめ ふしぎの国の期末テスト (講談社文庫)浜村渚の計算ノ-ト 2さつめ ふしぎの国の期末テスト (講談社文庫)
(2012/01/17)
青柳 碧人

商品詳細を見る


浜村渚の計算ノート 3さつめ 水色コンパスと恋する幾何学 (講談社文庫)浜村渚の計算ノート 3さつめ 水色コンパスと恋する幾何学 (講談社文庫)
(2012/06/15)
青柳 碧人

商品詳細を見る


浜村渚の計算ノートシリーズ。 
数学をモチーフにした推理小説
けっこう分かりやすく解説してあって、
こんな授業だったら、みんなもっと数学好きになるんだろうなって思う。
渚がほのぼのしてて、でも中々鋭い
そんな感じでストーリーが進んでいくのも、また良い。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/12 23:40] books | TB(0) | CM(0)

060 仕事は楽しいかね? ★★★★☆ 


仕事は楽しいかね?仕事は楽しいかね?
(2001/12)
デイル ドーテン

商品詳細を見る

仕事が楽しいか、聞かれて楽しいと答えられる人はどれくらいいるのでしょう

ただ仕事をしているのに、危機感をもっている人にはぜひ読んでもらいたい。

読んでみて、全ては理解できませんでした
一つ一つの言葉が深く
表面だけとらえるのは違うと思うから。

これからまた読み直して、自分のものにしたい。


雪で飛行機が欠航になり、最悪な主人公はあるおじさんに出会い、
人生の講義を受けます。

毎日を変える
挑戦を楽しむ

本を読んで得た2つのこと
大事にしたいと思う。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/08 23:43] books | TB(0) | CM(0)

059 いちばんシンプルな問題解決の方法 ★★★★★ 


たった2つの質問だけ! いちばんシンプルな問題解決の方法―「タテの質問」で掘り下げ、「ヨコの質問」で全体像をあぶり出すたった2つの質問だけ! いちばんシンプルな問題解決の方法―「タテの質問」で掘り下げ、「ヨコの質問」で全体像をあぶり出す
(2010/12/10)
諏訪 良武

商品詳細を見る

非常に分かりやすい。
とてもシンプルにMECEのもれなくダブリなくを実現できる
問題を単純に分解していき解決するのが簡単になる
というより楽しくできるような気にさせてくれます。
読みやすく、理解しやすいので、おすすめです。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/07 22:43] books | TB(0) | CM(0)

057、058 天地明察 ★★★★☆ 


天地明察(上) (角川文庫)天地明察(上) (角川文庫)
(2012/05/18)
冲方 丁

商品詳細を見る


天地明察(下) (角川文庫)天地明察(下) (角川文庫)
(2012/05/18)
冲方 丁

商品詳細を見る

天文学を題材にした読み応えのある時代小説。
数学が大好きな主人公が大きなプロジェクトに巻き込まれ、
右往左往しながら、悩みながらも
皆に誘われて偉業を成し遂げる。
壮大さが、なかなか良い。






にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/05 23:50] books | TB(0) | CM(0)

056 世界一わかりやすい ロジカルシンキングの授業 ★★☆☆☆ 


世界一わかりやすい ロジカルシンキングの授業世界一わかりやすい ロジカルシンキングの授業
(2012/01/25)
津田 久資

商品詳細を見る



論理的思考は目的ではぬく、手段である。
直感を大事にしながら、論理的思考を利用することで、
当初でてこなかったアイディアが出てくる。
人のアイディアを自分も同じことを考えていたというのは、思い上がりであり、
自分の頭の中のアイディアを形にし、実践することが大事である。
ということを説明しており、ツールに偏っていない新しいタイプの本だと思う。
学ぶことは少ないかもしれないが、
特にツールに走りがちな人は、基本のスタイルを学ぶつもりで読んでみてもいいかもしれない。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/11/04 22:02] books | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。