スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

021 20歳のときに知っておきたかったこと 

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
(2010/03/10)
ティナ・シーリグ

商品詳細を見る

最近の衝動買いの流れで買っちゃった本。
これは大学生に読んでもらいたい本ですね。

企業家精神を持った人をいかに育てるか。
自分で勝手に枠を作って抜け出さずにいたり
普通の常識のとおり、ただ仕事をこなしていたり
これはできないって決めてかかったり
直線で一番近道をいこうとしたり

そんな自分の殻を破るのにとっておきの本。
中にでてくる人たちが、どんな道をたどって
素晴らしいアイディアをだしてきたかが書いてあります。

どうしても枠にとらわれがちになって、チャレンジを避けてきてしまう。
私も保守的だから、そうなりがちで。
有る程度ルールをしったら、今度は破る。
よく守⇒破⇒離っていうけど
「破」をバランスよく使えるようにならなければって。

この本を読んでて思ったのは
日本の本って「~しなさい。」とか「~してはいけません。」っていうのが多いけど
外国から日本に入ってくる本ってストーリーを読んでるうちに
自ら学びとる形式の本が多いなあって。
これもそういうタイプの本で

しかも、恩着せがましくかいてあるわけじゃないから
自分でも小さなことからでも、できるんじゃないかなって思わせてくれる。

そんな気がしました
スポンサーサイト




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2010/06/06 00:09] books | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emity0310.blog34.fc2.com/tb.php/1028-22f13799


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。