スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

020 2択思考 ★★☆☆☆ 

2択思考2択思考
(2010/10/21)
石黒 謙吾

商品詳細を見る

この本はけっこうレビューの評判は良いようですが、
私にとっては普通に感じました。

というのも、
この本を買ったのはたぶん、悩んでいる時だったと思うけど
基本的に私は、あまり選ぶのに時間がかからない。
すぐに決めてしまうタイプなため、
この本を読んでも、
うん、すでにやってると思ってしまったのでしょう。

なので、すぐに悩んでしまう
なかなか決められない
という人には1つの考え方を提供するという意味でいいと思います。

この中で学ぶべきことは
多くの中で1つを選びだすのではなく、二択でいらないものを消していく
2つの案を持てめるのではなく、想定の案を自分で出しそれと二択で選ぶかどうか決める
ということ。

ただ、この本のようにすべてを二択に持ち込もうとすると
それはそれで危険ではないかと思います。
二択の設定の仕方を間違えてしまうと、大事なものを捨ててしまうのではないかとね。

話はガラリと変わるけど
途中に出てくる二択で進む心理テストみたいのは謎だったなぁ。
あれでどうしてその結果になるのか、教えてほしい。
っていうか二択の本に心理テストを入れる意味はあるのだろうか?

ちなみに、
この本の著者が盲導犬クイールの話を書いたというのを読み終わった後知ったけど
ビックリでした。
スポンサーサイト




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2011/02/20 22:55] books | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emity0310.blog34.fc2.com/tb.php/1068-f4f2f2e2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。