スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

083 夜は短し歩けよ乙女 ★★★☆☆ 

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

評価は非常に高い本ですが、好き嫌いは分かれる話だと思います。
かなり不思議で、前半は読むのに苦労。
後半は慣れてきて、最後まで読んで、この本が評価される由縁が少し分かった気がします。

主人公の「先輩」は黒髪の後輩に好意を寄せるが、後輩は気づく気配なし
アプローチを続ける先輩に対して「奇遇ですね」というばかり。
そんな二人は個性豊かな曲者たちに巻き込まれ、
その珍事件が描かれていく。
そんな二人の様子が暖かい作品。
スポンサーサイト




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2012/12/02 23:20] books | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emity0310.blog34.fc2.com/tb.php/1221-03746501


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。