スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

017 竜馬がゆく〈2〉 ★★★★★ 

竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫)
(1998/09/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

この時代の人たちは、自分の思いを持ち、
そしてそれを貫いていく熱さがあった。

命をかけて、自分の思いを貫いていく人、
思想が相いれず、暗殺される人
一言でいえば激動の時代ということだんだろうけど、
その中にあるたくさんの人間のドラマが非常におもしろい。

時代の混乱の中で命を落とした人の中には
素晴らしい思考の持ち主であったり、頭脳明晰な人がいて
こういう人たちが命を落とさずにいたなら、
今の日本はどうなっていたのか・・・
なんて考えたりもしてしまいました。
スポンサーサイト




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2013/02/24 22:31] books | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emity0310.blog34.fc2.com/tb.php/1255-6b673293


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。