スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

011 浜村渚の計算ノート 4さつめ 方程式は歌声に乗って ★★★★☆ 

浜村渚の計算ノート 4さつめ 方程式は歌声に乗って (講談社文庫)浜村渚の計算ノート 4さつめ 方程式は歌声に乗って (講談社文庫)
(2013/04/12)
青柳 碧人

商品詳細を見る

てっきり4巻目かと思いきや、間に3と1/2さつめがあったので実質5巻目でした。
残念ながら3と1/2さつめを飛ばして読んでしまったけれど
十分楽しめました。

「数学の地位向上のため国民全員を人質とする」。
天才数学者・高木源一郎が始めたテロ活動。
彼の作った有名教育ソフトで学んだ日本人は予備催眠を受けており、
命令次第で殺人の加害者にも被害者にもなりうる。
テロに対抗し警視庁が探し出したのは一人の女子中学生・浜村渚

彼女は数学が良くできるだけでなく
それを面白く語り、
皆の心を動かしてしまうところが魅力。

数学に抵抗があっても、
簡単に解説してくれて
いつの間に楽しめてしまうので、また次の小説が楽しみになってしまいます。

浜村渚の計算ノート 1~3巻はこちら
スポンサーサイト




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2014/02/22 13:10] books | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emity0310.blog34.fc2.com/tb.php/1270-b4663c09


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。