スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

017 キスまでの距離 ★★★★☆ 

おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫) おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)
村山 由佳 (1999/06/18)
集英社

この商品の詳細を見る

ようやく一番最初を読みましたw

どういう展開でかれんとショーリの心が近づいていったのか、
かれんが本当はショーリのことが好きで、
それをショーリに伝えたシーンがとてもすてきでした。

ほんとに軽く読める恋愛ストーリーで
続きもどんどん読んでいきたいなって。

それにしてもすごく巻数が多い話なので、
いろいろ恋の障害もあるんでしょうか?
楽しみです。


出版社/著者からの内容紹介
彼女を守ってあげたい。誰にも渡したくない-。高校3年になる春、年上のいとこのかれんと同居することになった「僕」。彼女の秘密を知り、強く惹かれてゆくが…。切なくピュアなラブ・ストーリー。

内容(「BOOK」データベースより)
高校3年生になる春、父の転勤のため、いとこ姉弟と同居するはめになった勝利。そんな彼を驚かせたのは、久しぶりに会う5歳年上のかれんの美しい変貌ぶりだった。しかも彼女は、彼の高校の新任美術教師。同じ屋根の下で暮らすうち、勝利はかれんの秘密を知り、その哀しい想いに気づいてしまう。守ってあげたい!いつしかひとりの女性としてかれんを意識しはじめる勝利。ピュアで真摯な恋の行方は。


【村山由佳の本】

2巻はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-787.html

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-857.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%C2%BC%BB%B3%A1%A1%CD%B3%B2%C2
スポンサーサイト




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/02/09 23:23] books | TB(0) | CM(2)

こんばんはコン話高校の時によみました。
いやはや冬至は年上のお姉さんが好きなショーリの気持ちが分かりましたが、
いまやカレンより年上、時の流れは残酷だ...

応援ぽち
[2008/02/10 04:08] ランタン [ 編集 ]

ランタンさん

高校のときに読まれたんですね~
私は、ずっとこの本の存在を知らなくて!
なかなかお姉さん好きっていうのはイメージつかなくて
どちらかといえば、女の子が年下ってパターンのほうが多いのかなって。
時が流れるのは早いものですよね!
[2008/02/11 21:09] えみ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emity0310.blog34.fc2.com/tb.php/618-56fdb6f1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。