スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

020 ひつじが丘 ★★★☆☆ 

ひつじが丘 (講談社文庫) ひつじが丘 (講談社文庫)
三浦 綾子 (1980/09)
講談社

この商品の詳細を見る

塩狩峠を読んで三浦綾子さんが気に入ったので
読んでみることにしました。

読んでいて、三浦綾子さんの本の系統が少し分かった気がします。

以前は、キリスト教を信じていない主人公がいて、
そしてダメな人がいて
最終的に改心し、キリスト教の教えを学ぶようなストーリーなのかなと。

結末は非常に感激し
切なさと感動で心がいっぱいになりました。

人を愛することは許すことだ

相手を許しつづけることは大変なのかもしれないけれど
それを知り、教えようとするおとうさんの姿、
そして、自分の過去の過ちを隠さず悔い改めようとする姿
そして、それを許すお母さん
本当にすばらしいと思う

人を許すこと。
そして許してもらうこと。

大変なことなんだろうけど
長い時間をかけて、そういう人になっていきたいと思う。
スポンサーサイト




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/02/15 01:21] books | TB(0) | CM(2)

こんちわ

三浦 綾子さんの著書なんですね

人を赦すことって難しいですね

口では言えても行動するとなると

勉強になりました、ありがとうございます

それじゃ~また来ます!!
[2008/02/17 13:21] DVDな奴等 [ 編集 ]

そうなんです。
三浦綾子さんの本をもっと読んでみようと思って
適当に手にとった本がこの本だったんですが、
だいぶ学ぶことが多かったと思います!

本当に勉強になりますよね♪
是非またきてください☆
[2008/02/17 23:18] えみ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emity0310.blog34.fc2.com/tb.php/621-69f0ae56


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。