スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

037 道ありき ★★★★☆ 

道ありき―青春編 (新潮文庫)道ありき―青春編 (新潮文庫)
(1980/03)
三浦 綾子

商品詳細を見る

三浦綾子さんの原点が分かる。

塩狩峠』とか、『ひつじが丘』とか読んで、
なぜあんなに心に響く、
そしていつもキリスト教がテーマの話を書いているんだろうと思っていたんだけど
その応えはすべてこの本にあります。

この中に出てくる登場人物はほとんどみんな心が綺麗で、
こうも、心が綺麗な人っているものなのかって
疑問になるあたりが、私がキリスト教を信じきれない理由でもあるでしょう。

しかし、みうらさんにはすごく説得力があって
読むと誰しもがキリスト教に興味をもつのでないかと思います。

まずは、『塩狩峠』を読んで、
その後読んだらいいかと思います。
スポンサーサイト




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/03/18 09:33] books | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emity0310.blog34.fc2.com/tb.php/641-9c5e46df


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。