スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

100 ビリー・ミリガンと23の棺〈下〉 ★★★★☆ 

ビリー・ミリガンと23の棺〈下〉 (ダニエル・キイス文庫)ビリー・ミリガンと23の棺〈下〉 (ダニエル・キイス文庫)
(1999/10)
ダニエル キイス

商品詳細を見る

死を望んだときにすべての人格が死に
基本人格が残ったというところがとても不思議だった

ビリーは政治やメディアや色々な力によって
理不尽な監視を受けていたが
最後には闘いぬいて自由を勝ち取る

ビリーは最終的には逃げず、強さを持ち
自分の過去をしっかり見つめ
自分のしたことの過ちを認め、そして反省し
自分がされたことを許し
そして暴力の連鎖について考える

このビリーの成長をみていて
こうして人間は強くなっていくんだと感じた

虐待をされた人は虐待をし
と虐待は繰り返されるかもしれない
このとき、ビリーが最後にいったみたいに
誰かが戦い、終止符を打つことができれば
虐待がなくなっていくかもしれない
そういう未来があったらいいなと思った


【ダニエル・キイスの本】

リストはこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/blog-entry-693.html

一覧表示する場合はこちら
http://emity0310.blog34.fc2.com/?q=%A5%C0%A5%CB%A5%A8%A5%EB%A1%A1%A5%AD%A5%A4%A5%B9
スポンサーサイト




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2006/07/21 20:53] books | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emity0310.blog34.fc2.com/tb.php/671-0696c0fe


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。