スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

041 マンゴーのいた場所 ★★★★★ 

マンゴーのいた場所マンゴーのいた場所
(2004/12)
ウェンディ マス

商品詳細を見る

どうしても気持ちがふさぎこんでしまうときは
やっぱり読書がいいみたいです。
特にすごく感動できるお話が。

これは妹に薦められて読んでみました。

共感覚をもっている女の子のお話。
前にもちらっとこういう話は聞いたことがあったんだけど
詳しく知ったのははじめて。

例えば数字に色が見えたりする
生まれつきの現象だそうです。

自分が生まれつき持ったその感覚が
人とは違うということに気付いたミアの気持ちや
それを話せずにいる気持ち
そして話したときに信じてもらえなかったり、せめられたり
そういう気持ちって
何でか分からないけど、よく分かる気がした。

ミアほどつらい思いはしてこなかっただろうけど
同じような経験が、もしかしたらあるのかもしれない。
というかあったんだと思う。
っていっても取るにたらないことだったんだろうけど。

ミアはマンゴーというネコをかっていて
それが彼女のすべてというか
ミアはマンゴーと気持ちを共有してたんじゃないかと私は思う。

周りの人に打ち明けられなかった気持ちとか
普段他の人には感じない気持ちとか。
そのマンゴーとミアとの付き合いなんかもすごくよくて。

読んでて気付かぬうちに涙がでてきて
止まらなくて
びっくりした。

ほんといい本に出合えてよかった。
スポンサーサイト




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/03/27 01:47] books | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emity0310.blog34.fc2.com/tb.php/694-9a94c23d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。