スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

081 南朝迷路 ★★☆☆☆ 

南朝迷路 (文春文庫)南朝迷路 (文春文庫)
(1995/03)
高橋 克彦

商品詳細を見る

高橋克彦さんの本を読んでみました。
ゴッホ殺人事件」で気に入ったので。

なんとなく話の持って行きかたが「ゴッホ殺人事件」に似ていて
ちょっとがっかり。

ゴッホ殺人事件」のほうが、壮大なスケールで、「ダ・ヴィンチ・コード」に似ていて面白かった。

内容は後醍醐天皇にまつわる財宝を巡って起きた殺人事件。
雑誌の取材で訪れたチョーサクこと長山と、編集長のリサこと亜里沙が巻き込まれていく。
彼らは後醍醐天皇ゆかりの隠岐、吉野、長野、青森をまわる。
この地域を結ぶ謎に塔馬双太郎が挑む。

というストーリー。
歴史ミステリーが好きな人にはおススメ。

高橋さんの本、まだまだ読んでみたいけど
すべて系統が同じような感じだったらガッカリだよなぁ。
スポンサーサイト




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/05/25 00:08] books | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emity0310.blog34.fc2.com/tb.php/845-3faa0611


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。