スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

141 エイジ ★★★☆☆ 

エイジ (新潮文庫)エイジ (新潮文庫)
(2004/06)
重松 清

商品詳細を見る

中学生の男の子でもない自分が、こんなことを語るのもどうかなとは思うけど
中学生の不安定な気持ちというのを、うまく描いた作品といえる。

キレてしまいそうな自分
もしかしたら、通り魔になった同級生と同じなのかもしれない自分

何が悪くて、何がよくて
何が本当で、何が間違っていて

本当の答えがないことにスポットをあてていて
読みながら、一緒になって考えてしまう気がする。

ただ、なんとなく主人公に共感できない部分があって
これは中学生のうちに読んでおくべきだったのかなと後悔
妹はずいぶん面白かったらしく。

最近、電車でこの本を中学生のときに読んで今でも良かったって思うって
離している大学生がいて
あー失敗したなって。
そんな感受性は今はないのかなって
少し淋しい気持ちになりましたよ。
スポンサーサイト




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へbanner2.gif
[2008/12/01 00:54] books | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://emity0310.blog34.fc2.com/tb.php/921-98da930c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。